☆「栄光の日本フィギュア 夢の続き」&「世界フィギュア2014エキシビジョン」BSフジ版☆ | フィギュアスケート文字動画

☆「栄光の日本フィギュア 夢の続き」&「世界フィギュア2014エキシビジョン」BSフジ版☆

深夜にこんばんは^^
ペパーミントあいです。
日付変わってしまいましたが、今日はほぼ一日、フィギュアスケートの映像ばかり眺めて過ごしてました(笑)

テレビ東京で放送していた「栄光の日本フィギュア 夢の続き」と、BSフジで放送していた世界フィギュアエキシビジョン2014。

「栄光のフィギュア」は、今月16日に放送される「スターズ・オン・アイス」の事前特番だったみたいで、今シーズンの日本人選手たちの軌跡や、過去のスターズ・オン・アイスの映像が流れてました♪

まず、今シーズンの振り返りV。
真央ちゃんと羽生君に関しては、ほぼ何回も見た映像だったので流しながら見ていましたが、佳菜子ちゃんと町田君のは、色々と初めて聞く情報も多くて面白かったです!

「佳菜子ちゃんはわがままな孫だ」と語る山田コーチの談話で、なぜかコミカルな音楽が流れるのが面白かった(笑)
全体的に、佳菜子ちゃんと満知子先生のやり取りはコミカルで面白すぎました(笑)
そして、佳菜子ちゃん以上に面白かったのが、マッチーこと町田君。

羽生君のことを「どんな強大な敵が相手でも、必ず自分がしとめるつもりで戦っている」と表現していたのですが……「強大な敵」ってwww
宇宙人とか妖怪とか魔王と戦っているみたいで、笑ってしまいました(笑)
羽生君は勇者ではないし、チャンもラスボスではありません(苦笑)
ふつうに「強い相手」とか「強力なライバル」って言えばいいのに(^_^;
そんな町田節にも、もう慣れましたけどね(笑)

そして、スターズ・オン・アイスの過去映像。
真央ちゃんの映像が5本くらいと、羽生君・高橋選手の映像が2本放送されました!
うーん、やっぱり真央ちゃんは昔から国民的スターだからか、扱いが違いますね(^_^;)

でも、真央ちゃんの映像はほぼ毎年のように更新されていたので、映像ごとに大きな違いは感じなかったのですが、羽生君と高橋選手のは、1本目と2本目のあいだがかなり開いていたので、歴然とした違いがありました!

羽生君の1本目は2010年にU2の曲(“ユズ”にちなんでU2にしたらしいです(笑))を使ったものなのですが、当時16歳。
技術も表現力もあるのですが、よく見ると、ジャンプに入る前に無駄な動きが多いんですよね!!( ; ロ)゚ ゚
もう1本は2013年とかなり直近のもので、ジャンプの入り方が明らかに違う!
とにかく速くて高い!

オーサーコーチが「ユヅルは優れたジャンパーだがエッジの使い方に無駄があった」とおっしゃっていましたが、こういうことか!と思いました!!
ジャンプだけでなく、スケーティングも滑らかになっていたし、貫禄もついたし、色気も出てました^0^
うーん、人ってたった3年間で、こんなに成長するのか!と、思いました。
レベル10から一気に50くらいまで上がった感じですね(笑)←いいかげん勇者ネタから離れなさいわたし

一方高橋選手は、1本目が2008年に初出場した時の「白鳥の湖ヒップホップバージョン」の映像で、2本目は2010年の「道」のもの。
「白鳥の湖ヒップホップバージョン」は、競技会でも使っていたもので当時物凄い衝撃を受けたので、懐かしかったです^^

でも、2008年といえば、トリノから2年後。
たぶん、大けがをする前ですよね?
今とは違って、若くて野心に燃えててギラギラした雰囲気がありました!

「道」は、その大けがを乗り越えて、バンクーバー五輪で銅メダルを取ったシーズンのもの。
苦労があった分、穏やかな雰囲気になっていました^0^

16日の放送では、ショーの映像に加えて、真央ちゃん・鈴木さん・佳菜子ちゃんの女子会の模様や、織田君と羽生君の異色(?)対談なども見れるみたいなので、今から楽しみですvv

BSフジのエキシビでは、リアタイではダイジェストにされていたオープニングがノーカットだった他、アボット選手やフェルナンデス選手など、カットされてしまっていた選手のエキシビジョンを放送してくれていました^0^

ただ、逆にワグナー選手など、リアタイで放送してくれていた人がカットされていました(^_^;)
日本人選手のものは、全てノーカットで放送してくれていましたが;;
仕方ないので、両方とも手元に映像を残しておこうと思います。。。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク