[ai] いずれはフィギュアでも2冠、3冠の時代に? | フィギュアスケート文字動画

[ai] いずれはフィギュアでも2冠、3冠の時代に?

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

近い将来、フィギュアスケートも
2冠、3冠といった言葉が聞かれる日が
来るかもしれません。

アイスダンスが枠獲得で
団体戦出場はほぼ確実

2017年9月にドイツで行われた
ネーベルホルン杯にて、
村元哉中&クリス・リード組が2位に入賞!

平昌五輪のアイスダンスでの
出場枠を獲得したことで、
団体戦への出場もほぼ確実になりました。

2種目の出場が可能に

よって、ペアを除く各選手は、
個人戦と団体戦の2種目への
エントリーが可能となりました。

※ペアは個人戦での出場枠を獲得
出来なかったため、団体戦のみの
出場となります。

2種目にエントリー出来る、
ということは、
2種目で金メダルが獲得出来る可能性も!?

現時点では男女シングル、ペア、アイスダンス、
のどれかに金メダルが候補がいて、かつ団体でも
優勝を狙える国は少ないですが、

今後は2冠を狙って
充実していなかった種目も
強化して来る国が出てくるでしょうね。

と、いうか、
ソチで団体戦が行われたことを受けて、
すでに各国動き出していることと思います。

さらに種目が増える可能性も

さらには、技術を競う部門と
芸術面を競う部門を分ける、
という話も出ているそうです。

実際の運用についてはまだ手探り状態で、
実現化するのはだいぶ先になるんじゃない
かと思われますが、

技術部門で表彰、
芸術部門でも表彰、
さらにその合計でも表彰、
という形を模索しているのだとか。

団体戦に加えてこちらも実現したら、
合計で4つのメダルの獲得が可能、
ということになりますねvv

フィギュアスケートで
2冠、3冠の時代に?

そうなると、フィギュアスケートも
陸上やその他の種目のように

「○○選手が2冠を達成!」

とかいうニュースが
日常的に聞かれるように
なるかもしれません。

単にメダルがたくさん取れるかもしれない、
というだけでなく、

フィギュアスケートという競技自体が
ますます面白くなりそうvv

いいことだと思います^ ^

哉中さん&クリスさん、
おめでとうございます!

何はともあれ、
まずは哉中さん&クリスさん、
おめでとうございます^o^

次回のお披露目は
カーニバル・オン・アイスでしょうか?

こちらでもお二人の素敵な
演技が観られることを楽しみにしています!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク