このブログと管理人について | フィギュアスケート文字動画

このブログと管理人について

スポンサーリンク




フィギュアスケートファンの
ペパーミントあいと申します。

自分からスケオタと名乗れるほど
詳しくはないですが、
フィギュアスケートが大好きです!

だから「フィギュアスケートファン」と
名乗ることにしました^^

ライトなファンです

荒川静香さんが金メダルを取った
トリノ五輪のシーズンから
ゆるく観戦はしていましたが、

羽生結弦選手が初の金メダルを取った
ソチ五輪の頃から、アイスショーなども
チェックするようになりました。

でも、観戦するのはテレビオンリーで、
それもグランプリと全日本と世界選手権
と五輪という大きな試合のみ。

現地に観戦に行ったり、
深夜にライストを立ち上げて、
ということはあまりないです。

(せいぜいフォロワーさんのつぶやきや
ニュースで結果を確認する程度)

なので「スケオタ」と名乗るのは
申し訳ないので、ライトな
フィギュアスケートファンと
名乗っています(苦笑)

ジャッジをジャッジするの嫌いです

ライトなファンでもヘビーなファンでも、
一ファンである限り、
踏み越えてはならない領域はあります。

採点についてケチをつけることは、
ファンの領域を踏み越える越権行為であると
わたしは思います。

人が採点している以上、
完璧で正しい採点はありえません。

ジャッジがどれだけ
公平に採点しようと思っても、
人である以上不可能だと思います。

でも、それはファン一人一人の感性も同様。

一ファンに過ぎない人が、
自分の採点とジャッジの採点が違うから
「この採点はおかしい」と言うことに、
わたしは非常に違和感を覚えます。

自分の感性とジャッジの採点が
合わなかっただけのことなのに、
何を言っているんだろう?と。

ジャッジと同じ位置で
見ているわけでもない、

ジャッジと同じ講習を受けたわけでも
ない人が何を言っているんだろう?と。

ファンがジャッジをジャッジすることは
分不相応な行為であるとわたしは思います。

採点に不満や違和感を覚えることは、
誰しもがあると思います。

でもそれは、不満や違和感に留めるべきで、
「おかしい」とジャッジするのは
違うんじゃないかと思うのです。

基本、全選手応援です

ジャッジをジャッジしたがる人に限って、
自分のご贔屓の選手の点数が低い、
ご贔屓のライバルの選手の点数が高いと
文句を言うんですよねm(__)m

そして、ライバル選手がジャッジを買収して
ご贔屓選手を陥れようとしている、
という陰謀論を垂れ流します。

わたしがフィギュアスケートに
はまり始めた当初は、
このような陰謀論を振りかざすブログ
ばかりが目につきました。

ネットでフィギュアスケートファンの
仲間を探すのはやめようと思いました。

ふつうに楽しく全選手を尊敬しながら
フィギュアスケートを語っている
ファンのブログはないものかと
思いました。

なので今は、
自分がそんなブログを書きたいと
思っています。

誰かを悪者にしたりしないで、
純粋に全選手応援のスタンスで
楽しいブログが書けたらな、
と思います^^

最近特に好きな選手は、
宮原知子選手と宇野昌磨選手です。

こんなわたしですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする