カナダ杯2017の宇野、チャン、ブラウン | フィギュアスケート文字動画

カナダ杯2017の宇野、チャン、ブラウン

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

ようやくスケートカナダ2017の
男子シングルを見終わりました!

フリーは宇野昌磨、
パトリック・チャン、
ジェイソン・ブラウンのラスト3人が
個人的には神でした^o^

スポンサーリンク




攻めに攻めた宇野昌磨

まずは最後から三番目に登場した
宇野昌磨選。

冒頭の大技4回転ループは見事成功!

続く3Loは、
4回転の感覚で跳んで
回りすぎたためか、
着氷が乱れます。

後半にはサルコーこそ
回避したものの、
3本の4回転。

今季からフリーでは
後半に組み込んだ4Fは、
着氷が乱れます。

頭で跳べばSPの時のように
完成度高く跳べるだろうに……

でも後半で跳ぶことに
挑んでいるからこそ、
頭での4Fの精度が
上がっているのかもしれません。

4Tからのコンビネーションは
転倒するも、

続く単独の予定だった4Tに2Tを
つけてリカバリー。

結果、200点には及ばなかったものの、
技術点は100点越え!

SPとの合計は
300点を越えての優勝です!

2位に約40点差をつけての
優勝でした^o^

おめでとうございます!

2回転でもパトリック・チャンは素晴らしい!

続いて登場した
パトリック・チャン選手は、
冒頭の4Tを転倒。

多少調子が悪くても
4Tの完成度は高いチャン選手。
珍しいです。

その後も3回転ジャンプが
ことごとく決まらず、
多くのジャンプが2回転に。。。

2回転のジャンプ自体は
ふつうに綺麗だったけれど、
これでは点数は伸びませんm(_ _)m

それでも演技構成点は90点越え、
合計得点は150点代。

地力はある選手なだけに、
勿体無いと感じました。。。

結果はSPの2位から順位を
落として4位。

ここ最近のチャン選手はSPかFS、
どちらかで崩れることが
多いですね。

ただ、点数は伸びなくても、
スケーティング技術だけで
魅せられる彼の演技は唯一無二。

ジャンプが決まらなくても
魅せられる、って、
凄いことだと思います!

私、パトリック・チャン選手の演技は、
どんなに悪くてもいつも正座して
見ています(笑)

ジェイソン・ブラウンの演技は退屈しない

最終滑走はジェイソン・ブラウン選手。

曲は「Inner Love」

どういう曲なのかは分からないですが、
切ないラブストーリーを思わせる
ピアノメロディーでした^ ^

彼の演技は曲が静かな時も激しい時も、
ジャンプを跳んでいる時も
跳んでいない時も、退屈しません。

頭の4Tは転倒しますが、
その後は4回転以外の武器を
存分に発揮!

スピードがあって、
細部の振り付けが凝っていて、
加えて柔軟性を生かした
スピンとスパイラルが
随所に組み込まれていて、

とても惹きつけられます!

最後はスピンから
大きく背中を反ったポーズで
フィニッシュ!

とても印象に残りました^ ^

いいですねぇ。。。

結果はSPの3位から順位を上げて2位。
おめでとうございます^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。