グランプルファイナル2017 男子シングルSPの感想 | フィギュアスケート文字動画

グランプルファイナル2017 男子シングルSPの感想

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

2017年のグランプリファイナル
男子シングルSPの感想をまとめています。

ほぼ自分用のメモ書きですが、
ああこの人はこういう感想抱いたんだなぁ、
くらいに楽しんでいただければ幸いです^ ^

スポンサーリンク




トップはネイサン、
昌磨君は転倒とタイムオーバーで2位

1位は103点代のネイサン、
宇野昌磨君はは2位。

冒頭の4F、後半の4T-3Tはばっちり成功するも、
最後、得意の3Aで転倒。

無事着氷したかに見えたが、
足が開くようにコケてしまった。

ここまでノーミス、
特に成功率の低い4Tからのコンビネーションを
成功させた後の3Aなだけに、

「これさえ決めれば!」
という固さが出たように感じた。

コケた瞬間、思わず苦笑い。

のちのインタビューでは、

「悔しいという気持ちより、やってしまった、
次頑張ろうという気持ち」

と語っていた。余裕を感じる。

ミスは出たけど101点代という高得点。

転倒の減点と謎の減点があり、
ディダクションはマイナス2。

この謎の減点は、
のちに演技終了時のタイムオーバーと判明!

演技の最後、動きが止まらなかったたため、
演技時間の2分半をオーバーしてしまったようだ。

樋口先生と「何だろう?」と
話しているのが聞こえたので、
本人たちもすぐには理由が分からなかったよう。

3位は99点代のコリヤダ、
4位は90点近い得点を出したジェイソン・ブラウン。

コリヤダは4Lzを決めていれば
100点は越えていたはず。

ジェイソンは4回転無しで90点近い
得点は凄い!

全体に得点が高めに出る大会なのかなと感じた。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。