全日本フィギュアエキシビ メダリストオンアイス2017の感想 | フィギュアスケート文字動画

全日本フィギュアエキシビ メダリストオンアイス2017の感想

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

全日本フィギュアのエキシビ
メダリストオンアイス2017の感想を
まとめました。

以下、ほぼメモ書きですが、

地上波は番宣が多くて役者さんが
気の毒だったことや、

ジュニアスケーターたちが
五輪代表の先輩たちのプログラムを
滑るなどの演目は面白かったことなどを

語っています^ ^

地上波・BSで2夜に渡って放送

地上波・BSで2夜に渡って放送。
内容は若干異なる。

月九の最終回の番宣が含まれた地上波は
バックステージと選手へのインタビューがメイン、

BSはオンステージがメインにはなっていたけれど、
番宣部分がごそっとカットされたこと以外は、
あまり大差はなかった。

番宣はむしろ役者さんが気の毒

まず、番宣込みの地上波は、
むしろ番宣のためだけに出てきた
月九のキャストさんが気の毒だった。

バラエティー番組なら「番宣かよー」という
芸人さんのいじりとかでそれなりに
番宣での出演も違和感なく馴染むけれど、
メダリストオンアイスはメダリストが主役の場。

どう頑張っても馴染まない。

たとえ篠原涼子さんがどれだけ
フィギアスケートが好きで精通している
人だったとしても、
ファンに受け入れられるとは限らない。

視聴者も会場に来ているお客さんも
メダリストが観たいのであって、
スケーター以外のゲストは異物でしかない。

メダリストが主役のメダリストオンアイスなのに、
最後が番宣で締めくくられるのも違和感。

その空気感が伝わるだけに、
キャストさんたちも気まずそうで
見ていて気の毒だった。

こういう番宣の仕方は
キャストさんもかわいそうだし、
番宣としては逆効果だと思う。
誰も得しない。

ジュニアスケーターが五輪スケーターの曲を演じる

でも、やっている演目自体は面白かった(^^)

ジュニアの次期オリンピック候補たちが
代表に選ばれた選手たちのプログラムを
滑る光景は微笑ましかった。

特にSEIMEIの曲が流れると
会場中のテンションが上がる!
わたしもテンションが上がる(笑)

演じていたのは三宅星南君。
羽生くん大大大好きの須本光希君ではなかった(笑)
理由は不明。

これをサプライズとして披露したものの、
先輩スケーターたちのリアクションが薄いのも
見ていて面白かった(笑)

真顔で「楽しみです」と話す昌磨君に、
真顔で「感動しました」と話すさっとんww

まあ、サプライズのリアルの反応なんて
こんなものよね(⌒-⌒; )

五輪スケーターたちのクリスマスメドレー

その後は五輪代表スケーターたちが
クリスマスの曲を滑る。

滑り終わると、
お客さんからのサプライズとして真っ暗な中、
スマホの光が星のように輝く演出が!

(もちろん、お客さん主導ではなく、
フジテレビ主導の演出)

この光景はなかなかに綺麗だった。
でも、選手たちの反応は薄い。

よく見ると嬉しそうにニコニコは
しているのだけれど、リアクションは薄い(苦笑)

「プラネタリウムみたいでした!」とか
「360度輝いてました!」とか、
言葉を絞り出して感動を伝えようとする姿が
何とも微笑ましかった。

明らかに選手に気を使わせている(⌒-⌒; )

まあ、サプライズのリアルな反応なんて、
こんなものよね(苦笑)

刑事が高橋大輔に職務質問(笑)

完全版ではなかったBSだけれど、
地上波ではカットされた各選手のアンコールを
放送してくれたり、

刑事君が高橋大輔に
「溢れ出るエロスはどうしたら出せますか?」
と質問するところが放送されていたのは良かった!

(翌日のスポーツ紙では
「刑事が大輔にエロスについて職務質問」
とか、見出しを付けられたらしい(笑))

三原舞依の演技がカット(T . T)

ただ、どちらもまいちゃんの演技が
カットなのが残念。。。

まいちゃん観たかったら金払って
頑張ってチケット取って会場まで来い、
ということか。。。

観に行った人からは
「まいちゃんの演技が凄く良かった!」
という感想を聞いていただけに……

わたしのツイッターのフォロワーさんも、
まいちゃんの演技がカットされたことを
残念に思っている人が多かった。。。

いつか親切なフジテレビさんが
完全版を放送してくれることを期待。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク