全日本フィギュア2017 男子FSと平昌五輪代表発表 | フィギュアスケート文字動画

全日本フィギュア2017 男子FSと平昌五輪代表発表

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

2017年の全日本フィギュア 男子FSと
平昌五輪代表発表について、
率直な感想をまとめました。

以下、ほぼメモ書きですが、
お付き合いいただけると嬉しい^ ^

スポンサーリンク




男子FSの感想

無良崇人の神演技とそれを上回った田中刑事

昌磨君の優勝はほぼ硬いなか、
友野君、村上君、無良君、田中君の
五輪代表争いが熱かった!

その中でも特に際立っていたのは、
無良君と田中君。

無良君は今季一番と言えるほどの神演技。
この日一番印象に残るいい演技だった。

ただ、4回転は1本に絞って
コンビネーションの4T-3Tは回避。

一方の田中君は、
4S、3Aにコンボがつけられず、
得点源のジャンプ2本がリピートに。

それでも左上のTESカウンターの技術点は
無良君とほぼ同点。

FSの得点は田中君がわずかにリード。
SPのリードも加わり、2位になる。

得点が出る前に西岡アナと本田武史先生が

「演技構成点は田中の方が今季高い評価を
受けているから、上回る可能性が高い」
ことに言及してくれていたのも親切だった。

これで少しは

「無良君の方が良かったのに!
何でミスした田中君の方が点数がいいのよ!?
こんな採点はおかしい!キー!」

と言い出す連中を抑えられるというもの(笑)

無良君は3位。

演技後のインタビューでは、
4回転のコンボを回避したことを
悔やむ発言はあるも、
やりきったという清々しい顔をしていた。

宇野昌磨は2A-4Tに挑戦!

一方、一人別次元の戦いをしている昌磨君は、
FSでは世界初の2A-4Tに挑戦。

……新しいことに挑戦でもしないと
モチベーションが上がらないほど余裕なのかと
思ったけれど、

このコンボの練習自体は
4Tの精度を上げるために普段から
やっているとのこと。

公式練習では成功させたものの、
6分間練習では決まらない。

本番でも抜けて2A-2Tとなった。

その後のインタビューでは、
成功しないことは分かっていたけれど、
挑戦することから逃げるのは悔しいから
挑んだ、と話す。

2Aは3Tより基礎点が低いので、
いくら世界初とはいえ、
挑戦するメリットは低いように思えるけど……

でも挑戦することでモチベーションが上がる、
その他のジャンプの精度が上がるなどの
いい影響があるなら、

直接点数の上で得はしなくても
結果としてはメリットだ。

何より決まったら凄い!

練習でも昌磨君とプルシェンコしか
決めたことがないジャンプらしいので。

平昌五輪代表発表

気になる女子2枠目は坂本花織!

そして気になる五輪代表は、

男子 : 宇野昌磨、田中刑事、羽生結弦
女子 : 宮原知子、坂本花織
ペア : 須崎海羽/木原龍一
アイスダンス : 村本哉中/クリス・リード

となった。

気になる女子の2枠目には
坂本さんが選ばれた!

今最も勢いのある坂本花織さんと
実績十分の樋口新葉さん。

どちらも選ばれる要素十分で、
選考委員の方々は悩んだと思う。

でも坂本さんが選ばれた決め手は、
SP1位で最終滑走という最も難しいFSを
ノーミスで滑りきったところに
あるんじゃないかと思う。

これは本当に凄いこと。

過去、思わぬ選手がSP1位になって、
FSの最終滑走でガタガタに崩れてしまう場面を
何度も見てきた。

この難しい局面を乗り切った精神力が
買われての代表入りなんじゃないかな?

四大陸と世界選手権の代表は?

なお、四大陸は
知子ちゃん、花織ちゃん、三原舞依ちゃんが、

世界選手権には
知子ちゃんと新葉ちゃんが出場する。

知子ちゃんが全部出ているのは、
枠取りのためには知子ちゃんの力は必須、
との判断だろうか?

4位の新葉ちゃんと5位のまいちゃんに
出場の機会を与えてくれたのは妥当と思う。
(まいちゃんは四大陸で優勝の経験もあるし)

男子は四大陸は昌磨君、田中君、無良君、
世界選手権は五輪と同じメンバー。

あとはみんながオリンピックで
いい演技をしてくれることと、

羽生君の怪我が
早く治ってくれることを祈るのみ。

彼のことだから、
精神力で意地でも治すものと
信じています!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。