全日本フィギュア2017 男子SPの感想 | フィギュアスケート文字動画

全日本フィギュア2017 男子SPの感想

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

全日本フィギュア2017
男子SPの感想をまとめています。

ほぼメモ書き、
観戦直後にばばーっとまとめた
率直な感想です。

スポンサーリンク




2017年の全日本フィギュア男子の概要

2017年の全日本フィギュアは、
平昌五輪の代表もかかる重要な大会。

羽生結弦選手は怪我のため欠場も、
実績により3枠目での代表選出は濃厚。

実力的には宇野昌磨選手が
一歩抜きん出ている状態です。

そんな中、実質3枠目をかけた無良崇人選手、
田中刑事選手、村上大介選手、友野一希選手の
代表争いが見どころ。

一方で山本草太選手は、
怪我明け、復帰の全日本となりました。

2017年の全日本フィギュア男子SPの率直な感想

以下、メモ書きの率直な感想です。

ちょっとくらいのミスは怖くない宇野昌磨

羽生君の欠場で今回も大本命の昌磨君は、
後半の4T-3Tが4T-1Tとなり、
規定のコンビネーションが入らなくなるも、
96点代を出してトップ。

ノーミスだったら100点を越えられる選手だ。
ちょうど3Tの点数分損をしたような得点。

一人抜きん出ているので、
ちょっとくらいミスをしてもトップに立つことは
予想は出来た。

そしてミスするとしたら、
4Tだろうなということも(笑)

今年はディフェンディングチャンピョンとして
臨む昌磨君。

迎え撃つ立場での全日本は二度目。
二度目とはいえ、これはこれで難しい
戦いかもしれない。

第4グループの選手に泣かされた( i _ i )

一方で第4グループの選手には泣かされた。

村上君、草太君、刑事君、日野君、無良君と、
見事に苦労人ばっかり!

村上君、刑事君、無良君はともにノーミス。

「絶対にオリンピックに出るんだ!」
という気迫が伝わった。

刑事君は自信初の90点越え!
もう良かったねという気持ちしかない。。。

ポテンシャルは高いものを持っているけれど、
メンタルの弱さが邪魔をして発揮出来ないことの
多い選手だもんねぇ。。。

今季はそれに加えて、
怪我にも泣かされた。。。

無良君は演技を終えた後も気合の入った表情。
強い思いが伝わってきたよ!
カッコいいよ!泣けたよ( i _ i )

復帰の山本草太に泣かされた( i _ i )

またもう一方で泣かされたのは草太君。

順調にいっていれば、
今頃は昌磨君と一緒に代表争い、
もしくはトップ争いをしていても
おかしくなかった選手だ。

今季は西日本選手権でようやく
シングルのジャンプが跳べるようになって復帰。

その西日本選手権で5位になっての
全日本出場だ。

久しぶりに見た彼からは、
滑る喜びのようなものが伝わってきた。

病気明けの三原舞依ちゃんや、
再十両復帰を果たした時の竜電を思い出す。

それだけで泣けてきたけれど、
以前と変わらずよく伸びるスケーティングに
なぜか泣けた。

ジャンプは2A、3T-3T、3Lo。

男子としては決して
難易度の高い構成ではない。

でも予定では3T-2T、3Sとのことだったので、
一段階難易度を上げた形になる。

こちらも気合のほどを感じた。

「これだけ復活しましたよ」という
ファンへのアピールと感謝もあったと思う。

得点は70点を越えた!
良かった、本当に良かったよ……!

FSの予想と宇野昌磨

SPの最終順位は昌磨君、刑事君、無良君、
村上君、友野君の順。

5位の友野君までが表彰台圏内かなぁ。。。

2位以下は本当にどうなるのか分からない。

昌磨君の優勝は硬いだろうけど、
迎え撃つ立場での精神状態の持っていきかたが
課題かなと思う。

(こういう状況自体、そうないことだろうから)

個人的には、今年こそ強い羽生君と
強くなった昌磨君の対決が見たかった。

一度くらいは昌磨君が勝つところが見たい!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。