全日本前夜のフィギュアスケートTV | フィギュアスケート文字動画

全日本前夜のフィギュアスケートTV

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

激闘だった全日本フィギュア2017の前夜、
フィギュアスケートTVにて
過去の五輪シーズンの全日本特集が
放送されていました。

その感想をまとめました。

終わってから改めて見ると、
鈴木明子さんって凄いなと思いました!

以下、メモ書きの率直な感想です。

スポンサーリンク




トリノ前の荒川静香さんと浅田真央ちゃん

五輪代表最終選考会の前日ということで、
過去の五輪代表最終選考会を兼ねた
全日本の名演技特集だった。

トリノで金を取った荒川静香さんのSP
から始まり、

そのシーズンでは年齢制限で
五輪に出られなかった真央ちゃんの
「くるみ割り人形」も。

懐かしくて可愛かったのと同時に、
これがのびのび楽しそうに滑ってた
最後のシーズンだったのかなと思った。

(リクエストした人のコメントより)

バンクーバー前の高橋大輔さんと町田樹さん

それからバンクーバー前の高橋大輔、
同シーズンにシニアデビューで
4位となった町田君のタンゴジェラシーも。

恐らくまだ氷上の哲学者になる
前と思われるけど、

軸の細い綺麗なジャンプと
独特の表現の雰囲気は相変わらず。

ただ今ほどアクは強くない(笑)

ソチ前の鈴木明子さんは凄い!

ソチ五輪シーズンの鈴木明子さんの
「オペラ座の怪人」は、

あの緊張感溢れる全日本で
よくこんなに温かみのある演技が出来るなと
驚くばかり!

今回(2017年)の全日本では、
魂のこもった演技がたくさん見られた。
いい演技がたくさん見られた。

でも、気迫を感じる演技は
たくさんあったけれど、
温かい気持ちになれる演技では
なかった気がする。

わたしは基本、
選手はみんな好きだけど、
鈴木明子さんは特に好きなスケーターの一人。

鈴木明子さんは唯一無二の
スケーターであると改めて思った。

そんな鈴木明子さんが大好きだvv

(※鈴木明子さんは素晴らしかった、
それにひきかえ今の若い選手は、
と言いたいのではなく、
鈴木明子さんは唯一無二のスケーターだと
いう話です、念のため)

主役を食う織田信成

この年の全日本で鈴木明子さんは初優勝!

でも本人よりも織田信成さんが泣いていて、
あっこちゃんがティッシュを持って
慰めている光景が非常に強烈だった(笑)

主役を食う織田さんww

ソチ前の浅田真央さんは

一方で真央ちゃんは、
この年の全日本のSPまでは良かったのに、
フリーから少しずつ歯車が合わなくなって
きていたよねm(_ _)m

それがソチのあの大ゴケしたSP、
そこから大逆転のフリー、
という伝説に繋がる。

今思えば、
あの時の全日本のフリーで崩れたあたりから
「ソチ、大丈夫?」という不安はあった。

あそこまで崩れるとは思っていなかったけど。

ソチシーズンの宇野昌磨君

ソチのシーズンではシニアデビューしたての
宇野昌磨君の演技もピックアップされていた。

4年前なのですでに16歳には
なっているはずだが、もっと幼く見える。
(今も20歳に見えないけど)

この時の昌磨君のプログラムは
「The blessed spirits」という
風の音が印象的な曲。

この時はまだ3Aも4Fもなかったけれど、
やはり上手い!

音に合わせた表現、
スイッチが入ると表情がガラッと
変わるのは相変わらず。

羽生結弦のパリの散歩道

最後は羽生君のパリの散歩道。

これを見ると、
やっぱり羽生君といえばこの曲だよね、
と思う。

そしてこの頃はまだ可愛げがある。
(今はすっかり阿修羅(笑))

荒川静香さんの時も思ったけど、
金メダリストの演技ってなんかんこう、
金メダル取りそうな雰囲気が出ているよね。

(結果を知っているからそう見えるだけかも
しれないけど……
でも当時からやりそうな雰囲気は感じていた)

今季はまさかの全日本欠場で
オリンピックを迎えることになったけど、
はたしてどのような結末が待っているのだろうか?

もし仮に連覇となれば、
ソチとは違った味の金メダルになることは
間違いないと思う。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。