初出場のNHK杯で存在感を示した友野一希 | フィギュアスケート文字動画

初出場のNHK杯で存在感を示した友野一希

こんにちは^ ^

ゆるいスケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

NHK杯初出場の友野一希選手が
自己ベストを更新する231.93点で
7位入賞!

存在感を示しました^o^

スポンサーリンク




急成長を感じる友野一希

友野一希選手は
急性肺炎で欠場した村上大介選手に
代わっての出場。

一週間前に急遽決まったNHK杯でしたが、
突然巡ってきたチャンスを生かして
存在感を示せたのではと思います。

SPでは自己ベストを大きく更新する
79.88で6位発進!

フリーは後半グループで
滑ることになります。

そしてFSは、
2回の4Sがいずれも転倒で
得点を伸ばすことは出来なかったものの、

トータルでは自己ベストを
更新しての7位入賞です!

FSの出来を思うと本人としては
悔しいところでしょうが、
おめでとうございます^o^

友野一希の全日本が俄然楽しみ!

FSは4回転ジャンプが決まれば、
というところでしたが、
SP、FSともに急成長を感じました。

試合後のインタビューでも
「今が一番楽しく滑れている」
とのこと。

最も成長している時期なのかも
しれません。

これは12月の全日本が俄然、
楽しみになってきました!

ひょっとすれば全日本で表彰台、
ひいては五輪代表もありえるかも
しれません。

楽しみです!

NHK杯2017男子シングルの結果

なお、2017年のNHK杯。

優勝は30歳のボロノフ選手、
2位は28歳のリッポン選手、
3位は29歳のビシェンコ選手でした^ ^

ベテランが強かった大会でした!

SP3位のジェイソン・ブラウン選手は

SP3位だったジェイソン・ブラウン選手は、
FSで3Aを2本とも転倒。

得点を伸ばすことが出来ず、
4位となりました。。。

4回転のないジェイソン選手にとって、
得点源の3Aをクリーンに決められなかったのは
痛かったです。。。

でも前日のSP後のキスクラで
羽生選手への直筆メッセージを
掲げたり、

フラワーガール&ボーイたちに
ファンサービスしたりで、

好感度はとても上がったのではと
思います(笑)

NHK杯男子シングル2017総括

今回のNHK杯は羽生選手が
公式練習中の怪我で急遽欠場。

その前にパトリック・チャン選手の
欠場も決定。

ちょっと寂しい大会にはなったものの、
ベテラン選手たちの頑張りに心打たれたり、
若い友野選手の成長に期待が膨らんだり、

見応えのある大会では
あったと思います!

選手、コーチ、運営スタッフその他の
携わっている全ての方々、
お疲れ様でした^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする