急に追われる立場になってしまったザギトワ | フィギュアスケート文字動画

急に追われる立場になってしまったザギトワ

平昌五輪で金メダルを獲得した
ロシアのザギトワ選手。

世界選手権も圧勝だろうなぁ、
と思っていたら、意外や意外!

ジャンプで4回の転倒という
大きなミスをし、結果は5位でした。

ザギトワ、世界選手権でミスを連発

平昌五輪で230点代という
驚異的な点数をたたきだし、
女子の世界最高得点を更新した
ザギトワ選手。

女子フィギュア界を牽引する
“おそロシア”の天才少女の一人です。

五輪後の世界選手権も、
きっとザギトワ選手の圧勝なんだろうなぁ。

私はそうたかを括っていましたが、
意外や意外!

フリーで転倒を4回も繰り返し、
フリーの得点は今季ワーストの120点代。

合計得点207.72で
最終順位は5位でした。

世界選手権の5位は世界の5位。
合計200点越えは、女子ではそう誰でも
出来ることではありません。

結果と点数だけ見れば、
決して悪くありません。

でも、ザギトワ選手の本来の実力を思うと、
「今回はあまり良くなかったなぁ」
というのが正直なところですm(__)m

ザギトワはマシーンではなく、
人間だった!

私は今まで、ザギトワ選手は
「マシーンのように正確な演技をする子」
と思っていました。

バレエの動きがとても完成されていて、
全て後半に組み込んだジャンプも
当然のように軽々と跳ぶザギトワ選手。

完璧すぎて「化け物だ」と
思ったこともあります。

でも、当たり前ですが、
本当に化け物なわけはありません(笑)

ザギトワ選手だって人間です。

どれだけ厳しい練習を積もうが、
メンタルが強かろうが、
ミスするときはするんですよねぇ。。。

急に追われる立場になって
しまったザギトワ

思えばザギトワ選手は、
今季シニアデビューしたばかりの
15歳の選手です。

シーズン開幕当初は、
同じコーチの下で学ぶメドベデワ選手の
背中を追う立場でした。

戦績を重ね、
少しずつメドベデワ選手との差が縮まり、
欧州選手権ではメドベデワ選手を
抑えての優勝!

この頃から平昌五輪では
メドベデワ選手が勝つのか、
ザギトワ選手が勝つのか、
真面目に分からなくなりました。

そうは言っても、
まだザギトワ選手の方が
追いかける立場だったと思います。

それが五輪で金メダルを取ったことで、
急に世界中から追われる立場に
なってしまったんですよねぇ。。。

そのプレッシャーたるや、
想像を絶するものを感じます。

ザギトワ選手は幼いころから
アスリートとしてエテリコーチの下で
厳しい修行を積んでいるだろうから、

世間一般の15歳よりは
メンタルは強いと思います。

それでも「金メダリスト」の肩書に
かかってくる重圧は、
相当のものだったと推察します。

これからもザギトワ選手を応援します!

五輪を終えた疲れもあるなか、
金メダリストとして様々なメディアの
対応に追われ、

さらには金メダリストとして
追われる立場として迎えた世界選手権。

ザギトワ選手にとっては、
これまでとは全く違う環境で
臨んだ試合だったものと想像します。

そんな中、本当によく頑張って
最後まで演じてくれました^^

ザギトワ選手が2回転倒したときの
お客さんの拍手が温かかったことも、
胸が熱くなりました><

フィギュアスケートファンが
自国の選手以外にも優しいのは、
きっと万国共通です^^

ファンが自国の選手やごひいきの選手
以外にも温かい声援や拍手を送って
くれるところも、

わたしがフィギュアスケート観戦が
好きな理由の一つです。

毎年どんどんジュニアから
凄い子が登場するロシア。

ザギトワ選手も来季からは
「突き上げる側」から
「突き上げられる側」に
なることと思います。

でも私は、
ザギトワ選手の完成されたバレエの
動きが素敵な演技がとても好きです^^

これからも応援しています!

……と、平昌五輪ではメドベデワ選手を
応援していたペパーミントあいが
お届けいたしました(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク