本田真凛の好物「緑茶の粉」について調べてみました! | フィギュアスケート文字動画

本田真凛の好物「緑茶の粉」について調べてみました!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2017年10月10日に放送された
「グッと!スポーツ完全版」にて、
本田真凛選手の好物のおやつが
紹介されていました。

それは何と「緑茶の粉」!

おいしくて体にもいい、
万能なおやつみたいです^ ^

本田真凛の好物「緑茶の粉」

2017年10月10日の
「グッと!スポーツ完全版」では、
8月の本放送 では見られなかった
ところも見ることが出来ました^o^

その一つが、真凛ちゃんが子供時代に
食べていたおやつの紹介。

真凛ちゃんは子供の頃、
「緑茶の粉」を牛乳に溶いたものを
おやつとして飲んでいて、

今も遠征先に持って行くくらい
大好きとのこと!

これをスタジオで試飲した
相葉雅紀さんとアンジャッシュ児嶋さんも、
初めは

「おいしくなさそう」

と話していましたが、
実際に飲んでみると
おいしかったみたいです^ ^

いかにも体に良さそうな
牛乳と緑茶の粉という組み合わせ。

この「緑茶の粉」というものが
何者なのか気になったので、
調べてみました!

緑茶の粉が体にいい理由

真凛ちゃんは「緑茶の粉」と言っていましたが、
正確には「緑茶の粉末」のようです。

※粉と粉末の違いについては後述します。

緑茶の粉末とは、
文字通り緑茶を砕いて粉末状にしたもので、
そのままお湯などに溶いて飲むことが出来ます。

茶葉でふつうに入れるのとは違い、
緑茶を丸ごと飲むので、
茶葉で出した時の3倍のカテキンを
摂ることが出来るのだそうです!

まさにおいしくて体にもいい
おやつだったんですね^ ^

茶葉と違って急須がいらない、
生ゴミが出ないというメリットもあります。

そのままお茶としておいしく飲んでもよし、
真凛ちゃんみたいに牛乳に溶いてもよし。

料理やお菓子の材料としても良く、
活用方法は無限大にありそうです。

ふつうにお茶屋さんのネット通販などで
売っています。

形状のよく似た粉茶、抹茶との違いは?

抹茶と粉末緑茶の違い

なお、見た目がよく似た抹茶との違いは、
「材料となっている茶葉」です。

抹茶の材料となっている茶葉は
「碾茶(テンチャ)」という
強い日差しが当たらないように育てた茶葉。

強い日差しを当てないことで
苦味成分のカテキンが出るのを抑え、
まろやかな旨味を出しています。

育てるのにも粉末にするのにも
手間がかかっているので、
粉末緑茶に比べて高価です。

粉末緑茶の材料は、
太陽の光を当てて育てたふつうの煎茶。

カテキンが豊富なので体に良く、
抹茶よりも安価です。

粉茶と粉末緑茶の違い

もう一つ形状のよく似たものとして
「粉茶」があります。

こちらは同じ煎茶を粉状にしたものですが、
粉末緑茶との違いは粒の大きさ。

粉末緑茶は細かいので
液体に溶かすことが出来ますが、

粉茶は粒が大きいので
溶かすことは出来ません。

ふつうに茶葉で蒸らす時と
同じように出します。

お寿司屋さんなどで
とても色の濃いお茶が出ることがありますが、
これが粉茶なのだそうです。

粉状なので、
ふつうの茶葉で出す時よりは
成分がより濃く出るのでしょうねぇ。。。

他に紹介された
おいしくて健康にいいおやつ

他にもグッと!スポーツ完全版では、
真凛ちゃんが幼少時代に食べていたという
おいしくて体にいいものとして、

おからのクッキーと
納豆をミキサーでペースト状にして
シラスを加えた離乳食が紹介されていました。

納豆をミキサーにかけるなんて、
洗うのが大変だろうに。。。

でも、ネバネバをさらに出すことで
より体にいいとのこと。

ご両親のお子さんを思っての手間に
リスペクトを抱くばかりです。。。

納豆とシラスの組み合わせは、
ミキサーにかけないで
ふつうにごはんにかけても
おいしそうですね(笑)

納豆をミキサーにかける時の注意

なお、スタジオでの実演では、
納豆をそのままミキサーにかけて
塊になってしまっていましたが、

実際にお母様が作っている映像では、
出汁を加えてペースト状にしていました。

綺麗にペースト状にするには
少しコツがいるようです。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク