男子フィギュアは挑戦から完成度の時代へ | フィギュアスケート文字動画

男子フィギュアは挑戦から完成度の時代へ

平昌五輪後の
フィギュアスケートのルール改正について
まとめました。

このルール改正により、
男子フィギュアは「挑戦」から
「完成度」の時代に移り変わって
いくのではと予想されます。

羽生結弦選手に有利なルール改正と
言われていますが、
ルール改正の内容が分かれば、

羽生選手に有利と言われる理由も
分かるのではと思います。

スポンサーリンク




大幅なルール改正

2018-2019シーズンから、
大幅なルール改正が行われます。

現在分かっているのは素案ですが、
6月には詳細が分かるものと思われます。
遅くても秋には分かるかと。

大きな変更点は以下の通りです。

  • 男性とペアのフリーが4分半から4分に
  • 男子フリーのジャンプが8個から7個に
  • ジャンプの基礎点が下がる
  • 出来栄えが5段階から11段階に
  • 後半1.1倍を制限するかも!?
  • アイスダンスのショートダンスがリズムダンスになる?

男子とペアのフリーが4分半から4分に。

現在、男子シングルとペアのフリーの
演技時間は4分半ですが、
改正後は4分になります。

このことは今年の世界選手権の
解説でも触れられていたので、
確定事項と考えていいでしょう。

男子フリーのジャンプが8個から7個に。

演技時間は30秒減る分、
男子シングルでは入れるジャンプの数も
8個から7個に減るとのこと。

ジャンプの本数が減ることで
怪我のリスクも減るんじゃないかと
思います。

ただ、助走を多くとる選手には
ちょっと不利なようですね。

助走を多くとる選手といえば、
中国の閻涵選手あたりでしょうか?

その分、助走が少なくてすむジャンプを
跳んでGOEで稼ぐ傾向になりそうですね。

基礎点が下がる

3回転ジャンプと4回転ジャンプの
基礎点が下がります。

まだ確定ではありませんが、
現在出ている変更案は以下の通りです。

種類 現行基礎点 変更案
3T 4.3 4.2
3S 4.4 4.3
3Lo 5.1 4.9
3F 5.3 5.3
3Lz 6.0 5.9
3A 8.5 8.0
4T 10.3 9.5
4S 10.5 9.7
4F 12.3 11.0
4Lz 13.6 11.5
4A 15.0 12.5

3回転ジャンプは微減、
4回転ジャンプはそこそこ大幅な
減点となっています。

特に4Aは2.5点もマイナス。
4Aの次に難しい、現時点では最高難度の
4回転のツッルも2点以上の減点です。

難易度の高いジャンプほど
減点の幅が大きくなっていますね。

この点数表だけ見ると、
まるで難しいことには挑戦するな、
と言っているようです(;^_^A

出来栄えの幅が5段階から11段階に

でも一方で、
出来栄えの幅が現在の5段階から
11段階に増えることになりました。

現在は+3~-3ですが、
変更案では+5~-5になります。

この出来栄えのルールの変更により、
基礎点は下がっても、
出来栄え点で最高の+5を取れば、
結果的にもらえる点数は
現在のルールより高くなるんです。

ただ難しいジャンプに挑戦するだけでなく、
難しいジャンプをいかに正確に跳ぶか、
が大事になってくるんですね。

新ルールでは逆に-5を食らうと、
現在の-3よりも得点では損することに
なります。

後半1.1倍を制限するかも?

現行ルールでは
後半に跳んだジャンプは
基礎点が1.1倍になりますが、
これを制限する案が出ているようです。

理由は、
ジャンプの後半固め打ちを防ぐため。

以前は体力のある前半に
ジャンプを固め打ちする選手が
多かったため、

全体にバランスよくジャンプを
跳んでもらうために設けられたルールの
ようですが、

今度は後半に固め打ちする選手が
出てきたため、修正を加えるようです。

ジャンプを後半に固め打ちする選手
といえばザギトワ選手が代表格ですね。

わたしは彼女の後半にジャンプを集めた
プログラムもふつうにショーとして
楽しんで観られますが、

「ジャンプを後半に集めるなんて
プログラム全体のバランスが悪い」
「ISUのバランスよくという趣旨を
無視している」

という批判もありましたからねぇ。。。

アイスダンスのショートダンスがリズムダンスになる?

2018-19シーズンからは、
アイスダンスのSD(ショートダンス)が
RD(リズムダンス)に変わるそうです。

アイスダンスのことはよく分からないので、
SDとRDがどう違うのかも
よく分からないですが……

フィギュアスケートTVあたりで
詳しく解説してくれると
ありがたいですね(笑)

ルール改正で起こり得そうなこと

泥仕合が減る

基礎点が減り、
出来栄えの幅が増える
今回のルール改正。

難易度の高い4回転ジャンプに挑戦しても、
完成度を上げないと点数にならない
ルールになることが予想されます。

それにより、
男子シングルでは
泥仕合が減るのではと想像します。

平昌五輪シーズンの
グランプリファイナルは、
なかなかの泥仕合でした。

ネイサン・チェン選手が優勝し、
宇野昌磨選手が銀メダルでしたが、
ミスの多い試合でした。

一部のファンからは
「基礎点だけ取りにいっている」
という批判もありました。

SP(ショートプログラム)の単独のジャンプは
ステップから入らなければならないのに、
ネイサン選手も宇野選手もこれが
おろそかになっていたため、
そんな批判を受けたようです。

「出来もしない4回転に挑んで
基礎点だけもらおうとしてんじゃねえよ」
ってことですよねm(__)m

わたしはそれが悪いことだとは思いません。

また、ネイサン選手も宇野選手も、
最初から基礎点さえ取れればいいから
完成度を無視して雑にこなしていたのか、

たまたま不調や緊張などが重なって
ステップがおろそかになってしまったのかも
分かりません。

ただ批判をしたファンからは、
完成度の高い演技が観たいという
想いを感じました。

今回のルール改正は、
そんなファンの要望に応えるものに
なるのではと思います。

4回転アクセルへの挑戦のハードルが高くなる

一方で、今回のルール改正により、
4回転アクセルへの挑戦のハードルは
高くなりました。

+5をもらえば現行ルールより
高得点をもらえることには
違いないですが、
まだ誰も跳んだことのない4A。

いきなり+5で成功できる選手が
いるとも思えませんm(__)m

4Aに挑戦してミスするリスクより、
他の確実に跳べるジャンプで
完成度を上げる作戦に出る選手の方が
多いことが予想されます。

それでも羽生選手のように、
新しいことへの挑戦をモチベーションに
頑張る選手は、

アスリートの中には必ず
いるものと思いますが……

活躍が期待できる選手

今回のルール改正、
最も影響が大きいのは言うまでもなく
男子シングルです。

GOEが5段階から11段階になったことで、
より完成度の高い要素の実施が
求められるようになりました。

結果、いかに高難度の4回転ジャンプを
跳べるかではなく、完成度を高く出来るかが
重要になってきます。

各要素の完成度が高く、
GOEによる加点の多い羽生選手には
有利なルールになると思います。

個人的には、この新ルールになって
ジェイソン・ブラウン選手の
躍進の場が増えてくれればいいなと
熱望していますvv

彼が全米チャンピョンになった時には、

「4回転を跳ばない選手が優勝するなんて
おかしい!」とか、
言われたらしいですからねm(__)m

いやフィギュアは4回転を跳ぶ選手が
優勝する競技じゃなくて、
総合力のある選手が優勝する競技なんだよ、
とその時は思いました。

新ルールにより、
総合力のある選手が
堂々と評価されるようになってくれたら
嬉しく思います。

美しい演技が増えることを期待

ジャンプの基礎点が減り、
出来栄えの幅が広がるであろう新ルール。

男子シングルは「挑戦する時代」から
「完成度を上げる時代」へ
移り変わっていくんだなと感じます。

怪我しない、美しい演技が
増えることを期待します。

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

※参考にさせていただきました。
フィギュアスケートのルール改正(新ルール)まとめ[2018-2019シーズン]

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする