[ai] 真央ちゃんに座布団が当たってしまった!大相撲名古屋場所の出来事 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 真央ちゃんに座布団が当たってしまった!大相撲名古屋場所の出来事

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

仲良しの小塚崇彦さんと一緒に
大相撲名古屋場所を観戦した浅田真央さん。

この日は横綱白鵬が敗れたため、
お客さんの投げた座布団が真央ちゃんに
当たってしまったようです^^;

真央ちゃんに座布団が当たってしまった!

2017年7月19日。

親交があるという白鵬関の招待で、
大相撲名古屋場所の11日目を観戦に
訪れた浅田真央さん。

何と、お客さんが投げた座布団が
真央ちゃんを直撃しています!!

しかも2枚も!

それでもしっかりカメラ目線、
楽しそうな真央ちゃんですが、
何事!?

って感じですよね。

何で座布団を投げるの?

ご存知の方も多いとは思いますが、
大相撲では、横綱が負けると
お客さんが座布団を投げる風習があります。

強い横綱が敗れるほど、
たくさん座布団が飛びます。

この日、白鵬関は通算勝星数1047勝という
大記録がかかっていました。

これって、本当に凄いことなんです。

大相撲って年に6場所あって、
1場所は15日間。

単純計算したら、
11年以上全勝し続けないと
届かない記録。

長く相撲を続けて、
かつ強くないと成し遂げられない
記録です。

細く長く続けるだけではダメだし、
太く短く強い人でもダメ。

白鵬って、それくらい凄い人なんです!

……でも、それくらい強い人だからこそ、
相撲ファンの多くは、

大記録達成の瞬間も見たいけれど、
誰かこの強すぎる白鵬を負かしてくれ!

とも思っていました。

そんな時に白鵬が負けたものだから、
みんな大騒ぎして座布団を投げたんですね。

それが真央ちゃんに当たってしまいました^^;

座布団って投げていいの?

もちろん、座布団は、
本当は投げちゃダメです。

座布団が飛ぶと場内アナウンスが

「危険ですから座布団は投げないで下さい」

と言いますし、

実際に座布団が当たって怪我をした
人もいます。

座布団って、
柔らかそうだけど人の体重を
支えるものなだけあり、

けっこう重いです。

誰かが飛ばしたものが
遠心力をかけて落ちてきて当たったら、
それなりに危険です。

だから本当は投げてはいけません。

幸い、真央ちゃんや小塚君が
落ちてきた座布団で怪我をした、
という情報はありませんでしたが……。

でも、投げるやつはいる

良識ある相撲ファンは
そのことをちゃんと分かっているので、
座布団を投げたりはしませんが、

相撲観戦に来るのは
良識あるファンばかりではありません。

中には酒飲んで酔っ払って
どんちゃん騒ぎするおじさんたちとか、
品のない人たちもいます。

そういう人たちは、
何か面白いことが起こると、
物を投げちゃうんでしょうね。。。

それこそ昭和初期には、
座布団だけでなく火鉢を投げる人が
いるとも聞いたことがあります。

良くないことですが、
文化として許容されてしまっている
部分は否めません。

相撲もフィギュアスケートも、
みんながマナーを守って気持ちよく
観戦してほしいものです。

関連記事

浅田真央さん&小塚崇彦さんの
大相撲観戦については、

以下のような記事も書いております。

[ai] 浅田真央と小塚崇彦が仲良く大相撲観戦

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク