[ai] 鈴木明子さんが浅田真央さん引退への想いを語った記事が泣けた | フィギュアスケート文字動画

[ai] 鈴木明子さんが浅田真央さん引退への想いを語った記事が泣けた

こんにちは^ ^

スケオタクリスチャンの
ペパーミントあいです。

webSportivaで鈴木明子さんが浅田真央さん
引退への想いを語っていました。

その記事がわたしにはとても泣けました(T . T)

スポンサーリンク




戦友だからこそこもる言霊に泣けました

webSportivaのインタビューは、
いかにもお涙頂戴を狙ったような
ものではなく、

鈴木明子さんのお話はごく自然な、
ふつうのこと。

でも、ともに戦った戦友だからこそ
言葉に重みがあるというか、

そういう人が語ることだからより
言霊が宿って自然と涙が出てくるのかな、
と思いました。

ウェブ上のテキストでも言霊って宿るから
不思議ですよね。

その中でも特に印象に残った部分を
以下に引用してシェアしたいと思います。

休養後は無駄な力の抜けた真央さん

私は、戻ってきてからのプログラムがすごく好きでした。無駄な力が抜けていて、ジャンプにもスケーティングにも無理がない。無駄を省いて最高の力を出すことができるようになりました。休養中に彼女が何を見て、何を考えたのかはわかりませんが、スケート以外の経験が演技に出ていたと思います。

言われてみればそうかもしれないです。

15歳の頃の真央さんはそれこそ
無邪気に楽しそうにスケートをしていた
印象があるけれど、

バンクーバー五輪あたりからは
「結果を出さなければ」と思い悩みながら
滑っていた印象があります。

その後はさらに苦しい時期が続いたけれど、
ソチ五輪後の休養明けは、
15歳の頃とは違う伸びやかさがあったかも。

ステップのセンスは世界一

いつもトリプルアクセルが注目されましたが、彼女のステップは今の10代の選手では踏めないもの。絶妙な間の取り方、身体の動き、スタイルのよさ、天性の明るさ、表情は彼女にしかないものでした。誰にも真似ができません。

うん。

ステップに関しては抜群のセンスを
持っていたと、わたしも思います!

自然と惹きつけられるステップですよね。

2016年のグランプリシリーズでの
インタビューでは、ジャンプのミス以上に

「どうしてステップでレベル4が
取れなかったんだろう?」

と気にしていた場面もあり、
きっと本人としては、
ジャンプ以上にこだわりとプライドの
ある部分だったんじゃないでしょうか?

大変だったよね、お疲れ様

真央さんほど期待されることのなかった私ですら、引退したあとに試合に出ることがなくなり、プレッシャーから解放された実感がありました。選手のときは特別だと思っていませんでしたが、辞めてみたら、「日常生活はこんなに追い詰められなくてもいいんだ」と思いました。

鈴木明子さんも責任感が強そうですもんね。

このあたりは、自身の経験と重ねつつ、

「でも真央はもっと大変だったよね、
本当にお疲れ様」

という想いが伝わって泣けました。

人間臭いのに人間離れしたことをする

これまで、彼女の笑顔でどれほどの人が救われたでしょうか。いろいろな人の夢を託されて……。失敗もするけれど、そこが人間らしい。人間臭いのに、人間離れした演技をするから、みんなから愛されてきたのでしょう。

人間臭いのに人間離れした演技をする、
というところに、とても頷けました。

ソチ五輪のショートとフリーなんて、
まさにそうなんじゃないでしょうか?

大ゴケしてまさかの16位スタートという
失敗をする人間臭さと、
その後のフリーで見せた神演技。

多くの人が浅田真央さんに惹きつけられるのは、
そんなところにあるのかもしれません。

とても共感します。

該当のwebSportivaの記事は、
下記をご参照のこと。

浅田真央の引退に鈴木明子が想う。「あのプログラムが好きでした」|フィギュア|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする