鈴木明子さんの離婚危険度は!?ホンマでっかTVが診断 | フィギュアスケート文字動画

鈴木明子さんの離婚危険度は!?ホンマでっかTVが診断

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

2017年10月11日放送の
「ホンマでっかTV」に
鈴木明子さんが出演。

多くの女性タレントさんたちとともに
離婚危険度の診断を受けていました。

以下、番組の感想と印象に残った設問について
語りたいと思います。

スポンサーリンク




あっこちゃんの離婚危険度は!?

あっこちゃんは
離婚しやすい女診断のコーナーに出演。

このコーナーには、
千秋さんや椿鬼奴さんなど、
既婚者や最近結婚した人、
婚約した芸能人が多数登場しました。

評論家の出題する二択に答え、
離婚しにくい方を選ぶと花がもらえ、
3つ花がもらえたら勝ち抜き!

最後まで勝ち抜けなかった人が
最も離婚しやすい女の
不名誉な称号を得ます。

最初に勝ち抜いたのは鬼奴さんで、
最後まで残ったのは千秋さんでした。

あっこちゃんは最後から2番目に
複数の方々と一緒に無事、勝ち抜きです^ ^

嫌悪感を覚えた植木先生の理論

いくつか出題された設問の中で、
心理評論家の植木先生の理論は、
ちょっと嫌悪感を覚えました。

その内容は
「夫の愚痴を言うことで妻は家庭を守っている」
というもの。

植木先生によると、

女は幸せな結婚をしているか
不幸な結婚をしているかランク付けをしていて、
幸せな結婚をしている女のことは不幸にして
やろうと思うから、

不幸アピールをしておかないと
そういう人たちに攻撃されて
離婚に追い込まれるそうですm(_ _)m

ちょっと無理があるように思えました。

パートナーの愚痴を言ってくる人の方が嫌だ

むしろ彼氏や夫の悪口を言う人の方が
わたしはしんどいですm(_ _)m

そんなに嫌なら
別れればいいじゃん?
と思ってしまいます。

でもそういう人って、
それを言うとまた理由づけして
愚痴愚痴言ってきますよね^^;

そんな話を聞かされて、
「やったあわたしは勝ち組みだ!」
とは、全く思いません。。。

ただひたすらしんどいだけですm(_ _)m

それ、一方的な決めつけでは?

いい話を聞いて「自慢だ、気に入らない」
と思う人の方が、心が歪んでいると思います。

惚気にも限度はあるだろうけど、
人の幸せを喜べない人とは
付き合わない方がいいと思います。

女はみんなそういう生き物だ、
という決めつけも気に入らないです。

世の中の女性、
みんなそんな心の歪んだ人
ばかりではないはずです。

少なくとも、
妬まれて嫌われることはあっても、
離婚に追い込んでやろうとまでは
ふつうは思わないと思います。

あっこちゃんは「いいところを話す」と回答

この設問に対し、あっこちゃんは
「友達には旦那さんのいいところを話す」
と回答。

「惚気られても困るだろうから
抑えはするけど、話したいのはいいところ」

という、旦那さんのこともお友達のことも
考えた、極めて常識的なコメントでした^ ^

意外な答えだった重田先生のファスナー問題

印象評論家の
重田先生の問題は、
答えがかなり意外でした。

設問は

「手の届かない後ろファスナーの服を
着るとき、自分で頑張って上げるか、
彼に手伝ってもらうか?」

というもの。

てっきり

「自分で何でもやっちゃう女は
男の頼られたい願望を満たさないから
嫌われる」

とかいうパターンになるか、

「すぐ依存する女は重いと思われる」

という結果になるのかと思いきや、

「スキンシップが少ないと
偶然触れた女性にドキッとして
浮気してしまう可能性がある」

という回答でした!

重田先生によると、
女性の服は柔らかい素材で出来ていて、
それに触れただけでも男性は女を感じて
ドキドキする、とのこと。

ふだんから触れ合ってドキドキへの
免疫をつけておかないと、
他の女にコロッと落ちてしまう危険が
高まるそうです。

あっこちゃんの回答は?

この設問に対するあっこちゃんの回答は
「自分で上げる」でした。

何となく分かる気がしますねぇ^ ^

ドリンクチケットのエピソード

この番組内で
あっこちゃんが発言する機会は、
あまり多くはなかったです。

でも、

「疲れている時やイライラしている時には
察してドリンクチケットをくれたりする」

という優しい旦那さんの
エピソードを披露していました^ ^

さんまさんやパネラーの芸人さんからは

「ドリンクチケット??w」とか
「それ飲めるもの決まってるじゃんw」
とか言われていましたが、

微笑ましくていいと思います^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする