「The Giving」を作ったマイケル・W・スミスはクリスチャンだった! | フィギュアスケート文字動画

「The Giving」を作ったマイケル・W・スミスはクリスチャンだった!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

本田真凛選手の新SP
「The Giving」を作った
マイケル・W・スミスという人について
調べてみました。

アメリカのクリスチャンミュージックの
大御所とのこと。

アメリカでは相当有名な
アーティストのようです。

スポンサーリンク




クリスチャンミュージックの大御所

マイケル・W・スミスさんについて、
WiKiぺディアにはこう書いてありました。

米国のクリスチャン・ミュージック界の大御所で、過去にグラミー賞を3回、ドーブ賞(クリスチャン音楽のグラミー賞と言われるもので、ゴスペル音楽協会が主催)を34回受賞している国民的ワーシップ・シンガー。
(WiKiぺディアより)

そのほかの項目は書きかけで、
あまり多くの情報を得ることは
出来ませんでしたが、

アメリカでは相当有名な
アーティストのようですね。

さすがキリスト教国アメリカ。

クリスチャン音楽のグラミー賞にあたる
ドーブ賞なるものもあるんですね!

マイケル・W・スミスさんの曲は
槇原敬之さんが曲をカバーしたことも
あるようです。

クリスチャンミュージックとは?

クリスチャンミュージックとは、言わば、
賛美歌のことだと思っていいと思います。

ふつうのロックやポップスみたいな
感じの賛美歌、と言ったらいいでしょうか?

厳密に言えばもっと細かい定義が
あるのかと思いますが、
大雑把にはそんな感じの認識でいいかと^^;

「The Giving」はそんな
マイケル・W・スミスさんの曲の中でも、
歌詞なし、インストゥルメンタルの曲のみを
収録したアルバムの曲みたいですね。

優しい音色は賛美歌だから?

「The Giving」は、
とても綺麗で優しい音色のピアノ曲。

どこか切なく、
でもどこかあたたかみに満ちた
素敵な曲でしたvv

とても優しくあたたかいメロディーなのは、
神様の愛、イエス・キリストの愛を
伝えたいという、クリスチャンミュージック
ゆえなのかもしれません。

ますますこの曲が好きになった!

そういうわたしも
実はイエス・キリストを信じる
クリスチャン。

「The Giving」がクリスチャンミュージック
と聞いて、
ますますこの曲が好きになりました!

本田真凛選手がこの曲を
競技会で披露するのを
楽しみにしたいと思います^o^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

関連記事

カーニバルオンアイスで初めて
「The Giving」を観たときの率直な感想です。

本田真凛の新SP「The Giving」に感動!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする