[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 男子FS 感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 男子FS 感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

先だって行われたグランプリシリーズ2015 スケートカナダ 男子FSの感想です。

スポンサーリンク




パトリック・チャン、圧巻の演技で復帰戦を優勝!

本大会の男子シングルは、地元カナダのパトリック・チャン選手が、圧巻の演技で優勝をはたしました!

SPでは「どうした!?」と言いたくなるようなミスの出たチャン選手でしたが、FSでは、とても完成度の高い演技を見せてくれましたね^ ^

唯一、4回転が3回転になってしまうミスはありましたが、いかにも抜けたような3回転ではなく、綺麗な3回転だったので良かったです!

一方、SPを6位と出遅れた羽生選手は、FSで見事に巻き返し、2位!
村上大介選手は3位で、日本人が2人表彰台という、嬉しい結果になりました♪

以下、滑走順に感想を述べさせていただきます。

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※ほぼメモなので、多少の乱文はご容赦下さい。また、多少の率直すぎる感想もご了承願います。

1. イ・ジュンヒョン (韓国) SP 47.19 12位

曲 : 「ロミオとジュリエット」より

冒頭の3A-2Tは、やや着氷詰まり気味の印象もあるが、綺麗に決まる。
2本目のルッツは2Lzに。
3本目の3F-3Tは綺麗に決まる。

ステップシークエンスでは曲調が変わり、盛り上がるが、解説の織田信成さんからは「もう少し体幹を使えるようになるといい」とのコメント。

後半。

3Aは転倒。回転も足りているのか怪しい。
続く3Fも着氷が乱れる。
3Loは転倒。
3Sは良かった。
2Aは着氷が乱れる。3連続のコンビネーションは入らない。

曲のアレンジはセンスがいいと思う。
ジャンプのミスも多かったが、もう少し演じきることが出来ればと感じた。

技術点 51.78 演技構成点 55.08 減点 -2.00
FS 104.86 合計 152.05
FS12位 暫定1位 総合12位

2. ティモシー・ドレンスキー (アメリカ) SP11位 62.46

曲 : ショパンの主題による変奏曲

最初の3A-3Tは、高さ・飛距離ともにいいジャンプ!
次の4Sは3Sに。
続く3Lzは綺麗に決まる。
3Aは高さ・飛距離ともに申し分なし!
3Lz-2T-2Loも成功。
3Lo-2A-Seqも成功。

後半になってもスピードが落ちない。

3Fも成功し、曲が盛り上がる。
最後の2Aも無事成功。

SP同様、最後の高速コンビネーションスピンで盛り上がる!

技術点 83.98 演技構成点 72.62
FS 156.60 合計219.06 ※FS、合計ともPB更新!
FS6位 暫定1位 総合7位

3. キーガン・メッシング (カナダ) SP10位 67.13

曲 : ピンク・パンサーのテーマ
作曲 : ヘンリー・マンシーニ

冒頭の4T-3Tは単独の4Tで転倒。
続く3Aは堪えるような着氷。
次の3Lzは成功。
続く4Tは着氷後に尻もち。
3Loも成功。
3Aからのコンビネーションは着氷が乱れ、単独に。
続くジャンプはパンクして2S。
最後は3連続の予定だったが、単独の2F。

ジャンプのミスは多かったが、シットスピンのポジションはとても綺麗!
織田信成さん「彼はパワフルなジャンパーだが、コントロールが出来るようになることが課題」とのコメント。パワーがありすぎて、回りすぎてしまうのが、良くないらしい。。。

ジャンプは転倒やパンクのミスに加え、繰り返しのルールにも引っかかり、技術点が伸びない。

技術点 52.54 演技構成点 64.58 減点 -2.00
FS 115.12 合計 182.25
FS11位 暫定2位 総合11位

4. 川原星 (日本) SP9位 67.36

曲 : ピアノ協奏曲「宿命」

冒頭のコンビネーションは単独の3Aに。着氷も乱れる。
続くジャンプは、3Aの予定が2A。
次の3-3は3Lz-2Tに。
後半の3Lz-3Tは流れがあり、綺麗に決まる。
続く3Fも綺麗なジャンプ。
次の3Loも綺麗。
3連続は3Lo-1Lo-1S。やや疲れが見える。
最後の3Sは無事成功。

技術点 65.43 演技構成点 62.42
FS 127.85 合計195.21 ※FS、合計ともPBを更新!
暫定2位 FS9位 総合10位

5. キム・ジンソ (韓国) SP8位 62.46

曲 : 雨に唄えば

冒頭の4Tは2Tに。
3Aからのコンビネーションは転倒して単独の3Aになる。
次の3Lz-3Tは綺麗に決まる。
3Loもバッチリ決まった。
次のアクセルはシングルに。
続くルッツもシングル。
3S-2T-2Loの3連続は無事成功。
最後のジャンプは3Aを跳んだ!

ジャンプが抜けるミスが多いのはもったいない。
でも、表現力はある選手だと思う。
最後、3Aに挑んで成功させたところには、底力を感じた。

技術点 57.84 演技構成点 70.36 減点 -1.00
FS 127.20 合計 195.84
暫定2位 FS10位 総合9位

6. アレクサンドル・ペトロフ (ロシア) SP7位 71.44

曲 : Oblivion
作曲 : アストル・ピアソラ

冒頭の3Aはやや堪える着氷だったが綺麗に決まる。
続く3A-2Tも成功。
次の3Lz-2Tは第二ジャンプで両手を上げて決める。

ステップシークエンスでは曲が盛り上がり、情熱的に表現。

後半。
3F-1Lo-3Sをバッチリ決める!
続く3Lzも流れがあり綺麗。
次の3Tも綺麗。
続く3Loも綺麗に成功。
最後の2Aも流れがあり綺麗。

フィニッシュはやや曲より遅れる。

技術点 77.80 演技構成点 72.78 減点 -1.00
FS 149.58 合計 221.02
暫定1位 FS7位 総合6位

7. 羽生結弦 (日本) SP6位 73.25

曲 : 映画「陰陽師」より「SEIMEI」

冒頭の4Sは綺麗に決まる!
続く4Tも綺麗に成功。
ターンからの3Fもバッチリ!

後半。
4T-2Tは4Tで手をついたが無事に繋げた。
続く3Aからのコンビネーションは3A-1Tに。
3A-1Lo-3Sは綺麗にバッチリ決まる!
続く3Loも問題なく成功。
最後の3Lzは転倒。

多少のミスはあったが、SPの出来を思えばよく立て直した!

技術点 98.35 演技構成点 88.94 減点 -1.00
FS 186.29 合計 259.54
暫定1位 FS2位 総合2位

8. ミハル・ブレジナ (チェコ) SP5位 75.46

曲 : 海賊
作曲 : アドルフ・アダン

赤い貴族風の衣装が似合っていて素敵!

冒頭の3Aは高さがあり綺麗!
続く4Tは綺麗な3Tに。
次の4Sは転倒。

後半。

4Sからのコンビネーションは単独で転倒。
3Aも転倒。
3Lzは綺麗に決まる。
3Loも無事成功。
最後の3F-2Tは着氷後、ターンが入ってしまう。

後半で疲れが見えたが、プログラムの雰囲気はブレジナ選手によく合っていると思う。
4Sの単独を繰り返したり、コンビネーションが1回しか入らなかったため、点数は伸びない。。。

技術点 69.06 演技構成点 77.06 減点 -3.00
FS 143.12 合計 218.58
暫定4位 FS8位 総合8位

9. ナム・グエン (カナダ) SP4位 76.10

曲 : パッサカリアとフーガ ハ短調
作曲 : バッハ

冒頭の4T-3Tは綺麗に決まる。
続く4Tも成功。
次の3Aは流れがあり綺麗!

後半。
3A-2Tは間にターンが入るも何とか成功。
3Lzは綺麗に決まる。
カウンターからの3F-2T-2Loは最後に片手を上げて綺麗に成功!
3Loも成功。
最後の3Sも鮮やかに成功!

技術点 86.86 演技構成点 75.86
FS 162.72 合計 238.82
暫定2位 FS4位 総合5位

10. アダム・リッポン (アメリカ) SP3位 80.36

曲 : ビートルズメドレー

冒頭の4Lzはダウングレードでの転倒。
3A-2Tは綺麗に成功!
両手を上げての3Lzも綺麗に成功。次の動きへの移行もスムーズ。

後半最初の3Aは転倒。
次の3Lz-3Tは綺麗に決まる!
3Loも成功。
3F-2T-2Loも綺麗に決まる。
最後の3Sもとても綺麗!

プログラムもとてもいい。
4Lz以外の要素もとても綺麗だった。

技術点 80.47 演技構成点 80.86 減点 -2.00
FS 159.33 合計 239.69
暫定2位 FS5位 総合4位

11. パトリック・チャン (カナダ) SP2位 80.81

曲 : ショパン・メドレー

冒頭の4T-3Tは高さも飛距離もあり、 見応えあり!
続く3Aもいいジャンプ!着氷の音が綺麗!
4Tは綺麗な3Tに。

後半。
3Lz-2Tも流れがあり、綺麗。
3Lz-2T-2Loも綺麗に決まる。
続く3Loもとても綺麗。
3Sも滑らかだった。
最後の3Fもバッチリ決まった!

曲もチャン選手に合っている。
お客さん大喜びでスタンディングオベーション!

技術点 95.17 演技構成点 95.16
FS 190.33 合計 271.14
暫定1位 FS1位 総合1位

12. 村上大介 (日本) SP1位 80.88

曲 : Anniversary
作曲 : Yoshiki

冒頭の4Sは綺麗に決まる!
続く4S-2Tも綺麗。
3A-2Tは、3Aに高さがあった!

後半。
3Aは綺麗に決まる。
3Fも流れがあり綺麗。
3Lz-1Lo-2Sの3連続も綺麗に成功。
3Loも綺麗。
3Sも流れがあり綺麗。サルコウが得意なのが分かる。

プログラムもとても素敵だった。
織田さんが泣いていた(笑)

でも、逆転されたせいか、キス&クライでもその後のインタビューでも、悔しそうだった。。。

技術点 89.37 演技構成点 82.00
FS 171.37 合計 171.37
暫定3位 FS3位 総合3位

まとめ

結果、本大会の順位は、以下のようになりました。

1.パトリック・チャン (カナダ) 271.14
2.羽生結弦 (日本) 259.54
3.村上大介 (日本) 252.25
4.アダム・リッポン (アメリカ) 239.62
5.ナム・グエン (カナダ) 238.82
6.アレクサンドル・ペトロフ (ロシア) 221.02
7.ティモシー・ドレンスキー (アメリカ) 219.06
8.ミハル・ブレジナ (チェコ) 218.58
9.キム・ジンソ (韓国) 195.84
10.川原星 (日本) 195.21
11.キーガン・メッシング (カナダ) 182.25
12.イ・ジュンヒョン (韓国) 152.05

本大会の結果を受けて、グランプリシリーズのポイント順位は下記のようになりました。

※上位12名のみ

1.パトリック・チャン (カナダ) 15
2.マックス・アーロン (アメリカ) 15
3.羽生結弦 (日本) 13
4.宇野昌磨 (日本) 13
5.村上大介 (日本) 11
6.ジェイソン・ブラウン (アメリカ) 11
7.アダム・リッポン (アメリカ) 9
8.閻涵 (中国) 9
9.ナム・グエン (カナダ) 7
10.コンスタンティン・メンショフ (ロシア) 7
11.アディアン・ピトキーエフ (ロシア) 5
12.アレクサンドル・ペトロフ (ロシア) 5

これが今後どう動いていくのか、楽しみですね♪

本大会及びグランプリシリーズポイントの詳細は、下記サイトでもご確認いただけます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

同大会 その他の種目の感想も、別途語らせていただきました!
よろしければあわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

  • [ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子SP 感想
  • [ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 男子SP 感想
  • [ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子FS 感想
  • [ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ エキシビジョン 感想

2015-2016シーズンのまとめはこちらです。

[ai] フィギュアスケート2015-2016シーズン まとめ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする