[ai] 【全日本フィギュア2014男子FS】羽生結弦、不完全燃焼ながら3連覇!小塚崇彦久々の素晴らしい演技に涙! | フィギュアスケート文字動画

[ai] 【全日本フィギュア2014男子FS】羽生結弦、不完全燃焼ながら3連覇!小塚崇彦久々の素晴らしい演技に涙!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

全日本フィギュア2014 男子シングルのFSが終了しました。

男子シングルFS結果

結果は羽生結弦選手の3連覇。
その他の順位は下記の通りとなりました。

1位 羽生結弦 ANA 286.86
2位 宇野昌磨 中京大中京高 251.28
3位 小塚崇彦 トヨタ自動車 245.68
4位 町田樹 関西大 242.61
5位 無良崇人 HIROTA 236.40
6位 山本草太 邦和スポーツランド 206.80
7位 村上大介 陽進堂 202.08
8位 田中刑事 倉敷芸術科学大 187.43
9位 日野龍樹
全日本フィギュア2014男子FS採点表※2014.12.30追記

本命の選手が上位を占めましたね。
ただ、表彰台のメンバーは番狂わせな感もありました!

特に小塚崇彦選手のフリーでの追い上げは見事でした!!

表彰台はもちろん嬉しいですが、何よりここ最近所低迷していた小塚選手が、久しぶりに素晴らしい演技を見せてくれたことに感動して泣きそうになりました>_<

本当に良かったです!

1位 羽生結弦 ANA 286.86

曲:オペラ座の怪人
構成:4S/4T/3F/StSq/CCoSp/3Lz+2T/3A+3T/3A+1Lo+3S/3Lo/3Lz/ChSq/FCSSp/CCoSp

4回転サルコウは転倒しましたが、課題だった最後のルッツはきれいに決めました。
すっかり調子を取り戻しているようです♪

堂々の3連覇、おめでとうございます(^ ^)

試合後のインタビューでは「不完全燃焼だった」と話していたようですが……この高難度のプログラムでもやり足りない、ということでしょうか??

これは、次の試合ではシーズン開始当初予定していた構成に変更してくる可能性もあるかもですね(゚o゚;;

個人的には、優勝してもあまり嬉しそうでなかったところが気になりました。

もちろん、「不完全燃焼だった」とも話していたし、サルコウの転倒もあったので自身の演技への反省もあるのでしょうが、「みんなで頑張らないと」という発言もあり……

他のライバルがフリーでガタガタに崩れてしまったことを残念がっているようにも感じました。

そこまではっきり明言していたわけではないので、あくまでもわたしが受けた印象です。

でも、もしそうなら、そういう人がエースとして日本男子フィギュア界を引っ張ってくれるのは心強いなと感じました(^ ^)

【2014.12.30追記】

その後のニュースで、断続的な腹痛で精密検査を受けることが判明!

どうやらこの日も、お腹が痛かったようです。
(録画した映像を改めて見てみると、演技後にお腹を押さえていました)

不完全燃焼だったのは、腹痛のため全力を出せなかったからだったのでしょうか?

それでもあれだけの演技が出来てしまうのは凄いですが……しっかり検査して、治してもらいたいですね>_<

2位 宇野昌磨 中京大中京高 251.28

曲:映画「ドンファン」
構成:4T/3A/3A+2T/CSSp/StSq/2A+1Lo+3F/3S/3Lo/3Lz/FCSp/3F+3T/ChSq/CCoSp

不完全燃焼だった羽生選手とは対照的に、出し切った印象があるのが宇野昌磨選手。

こらえるような着氷のジャンプが多く、こらえると足に来るそうなのですが、最後まで頑張っていました>_<

終わった後は相当足が痛かったのか、ずっと足を押さえていて、キス&クライにたどり着く前に倒れこんでしまっていましたね。

他のTOP6の選手が2本以上の4回転をフリーに入れている中、宇野選手は1本だけでしたが、ミスなくまとめたので総合順位はSPから一つあげての2位!

おめでとうございます(^O^)

3位 小塚崇彦 トヨタ自動車 245.68

曲:Lo Ci Saro
構成:4T/3Lz+2T/3A/FSSp/StSq/3A+2T+2Lo/3Lz+3T/3F/3S/2A/FCCoSp/ChSq/CCoSp
→4T/4T+2T/3A/FSSp/StSq/3A+2T+2Lo/3Lz+3T/3F/3Lo/3S/FCCoSp/ChSq/CCoSp

昨季から今季にかけてずっと不調が続き、SPでも出遅れた小塚選手でしたが、フリーでは元々の構成より大幅に難易度を上げ、渾身の演技を見せてくれました!

何かもう、今までの不調を知っているだけに、久しぶりにちゃんとした小塚君を見れて、嬉しくて泣きそうになりました>_<

結果は順位を大幅に巻き返しての3位!

表彰台、おめでとうございます(^ ^)

4位 町田樹 関西大 242.61

曲:ベートーベン「交響曲第九番」
構成:4T+2T/4T/3A+3T/CCSp/3S/StSq/3Lo/3A/3F+2T+2Lo/FSSp/ChSq/3Lz/CCoSp
4T/4T/3A/CCSp/3S/StSq/3Lo/2A+2T/3F/FSSp/ChSq/3Lz/CCoSp

SPを2位で終えた町田選手でしたが、フリーでまたしても崩れてしまいました>_<

最初の4Tはコンビネーションが入らず、次の4Tで転倒してしまったため、同じジャンプを2回飛ぶリピート判定です。

これでは基礎点が減点される上出来栄えも減点扱い、更に転倒の減点-1が加わるので、ほとんど点数がもらえません>_<

3Aからのコンビネーションも入らず、次のアクセルジャンプに2Tを付けましたが、2A+2Tのため、予定していた3A+3Tに比べて基礎点がだいぶ下がります。

3Fからの3連続ジャンプが単独になってしまったことも痛いです(>_<) 3回入れられるコンビネーションジャンプが1回しか入っていない上、転倒や抜けてしまったジャンプもあるので、これで点数が伸びるわけがありませんm(_ _)m 難度の高いフリーのプログラムに苦戦していますね。。。 とても好きなプログラムなので、ぜひとも完成系を見たいですが……見る機会があることを祈りたいです>_<  

5位 無良崇人 HIROTA 236.40

曲:オペラ座の怪人
構成:4T+3T/4T/3A/FSSp/StSq/3Lo/3A+2T/3F/CCSp/3S+1Lo+2S/ChSq/3Lz/CCoSp
4T/4T+3T/3A/FSSp/StSq/3Lo/3A+2T/3F/CCSp/3S+1Lo+2S/ChSq/3Lz/CCoSp

町田選手ほどガタガタに崩れたわけではありませんが、無良選手は小さなミスを積み重ねてしまった印象です。

最初の4Tでコンビネーションが入らず、次の4Tに3Tを付けてリカバリーしたのは良かったのですが、その後のジャンプで片手をついてしまったり、ステップアウトしてしまったり。。。

点数もあまり伸びず、総合も5位で終わりました。

6位 山本草太 邦和スポーツランド 206.80

曲:ローレライ
構成:3A/3Lz+3T/FSSp/3F+2T/FCCoSp/2A+1Lo+3S/3Lo/3Lz/3F/StSq/2A/ChSq/CCoSp

6位に入ったのは、ジュニアグランプリファイナル2位の山本草太選手。

3Aが課題とのことですが、転倒して決めることは出来ませんでしたm(_ _)m

でも、その他の要素ではとても伸びやかで素敵な演技だったと思います!

長久保コーチ曰く「羽生結弦に雰囲気が似ている」そうで、本人も羽生選手に憧れているようですが……これからが楽しみな選手です!

7位 村上大介 陽進堂 202.08

曲:ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」
構成:4S/4S+2T/3A+2T/CCoSp/StSq/3A/3Lz/3Lo/CSSp/3F/3S/ChSq/FCSp
→4S/4S/1A/CCoSp/StSq/3A/3Lz/3Lo/CSSp/3F/3S/ChSq/FCSp

SPはノーミスで4位につけていた村上大介選手ですが、最終滑走による緊張もあってか、フリーではミスが目立ってしまいました。

2回の4回転サルコウはいずれも転倒。

どちらかにコンビネーションが入らなかったため、2回目のジャンプは基礎点・GOEともに大幅な減点です。

3Aからのコンビネーションも入らず、シングルに。
2回目の3Aも回転不足の両足着氷となってしまいました。

4回転ジャンプと3Aが一つも決まらず、さらにコンビネーションジャンプも飛んでいないので、点数は伸びませんm(_ _)m

最終順位は7位。SPが良かっただけに、残念です。

最終滑走で待ち時間が長かったせいか、4回転ジャンプを2回とも失敗してしまったせいか、途中から完全に集中力が切れてしまった印象を受けました。

村上大介選手は他のライバルと比べて実績が少ないため、表彰台を逃したとなると、世界選手権の代表入りはかなり厳しくなりましたね>_<

【2014.12.30追記】

4回転サルコウは、いずれも回転不足で転倒していますね。

トリプルアクセルは回転不足。スピンとステップでレベルを取り逃している要素もあります。

優勝したNHK杯では、スピンは全てレベル4だったので、スピンの下手な選手ではないはず。集中力が途切れてしまった感が否めませんm(_ _)m

まとめ

羽生選手の3連覇は、圧巻でした。
一人だけ別次元、って感じですね(゚o゚;;

昨季は世界選手権で羽生選手と熾烈なトップ争いをした町田選手にはもう少し頑張ってほしかったのですが……残念ですm(_ _)m

町田選手、無良選手は、GPF以降、やや苦戦している印象です。

小塚選手の渾身の演技には、何度も言いますが嬉しくて感動して泣きそうになりました>_<

宇野昌磨選手、山本草太選手というジュニアの選手の台頭も光りました。
二人ともこれからが楽しみvv

世界選手権の代表の行方は?

そして、最も気になるのは世界選手権の代表。

優勝した羽生選手は確定ですが、残り2つは混戦模様となりました。

GPFに進んだ町田選手と無良選手が表彰台に乗っていれば、スムーズに決まったかと思うのですが……

2位に入った宇野昌磨選手の代表入りも濃厚な気がします。

そうなると、残り一つは実績のある町田選手、無良選手、小塚選手の誰かが選ばれるかと思われますが……

GPFに進んだ町田選手と無良選手、全日本フィギュアで表彰台に乗った小塚選手、誰が有利なのでしょうか?

全く予想が出来ませんm(_ _)m

発表されるのを楽しみに待ちたいと思います!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク