[ai] 四大陸選手権2016 女子FS 感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 四大陸選手権2016 女子FS 感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

四大陸選手権選手権2016 女子FS(フリースケーティング)の感想を述べさせていただきます。

以下、滑走順に感想を述べさせていただきます。

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。

※ほぼメモなので、多少の乱文はご容赦下さい。また、多少の率直すぎる感想もご了承願います。

第三グループ

グレイシー・ゴールド (アメリカ) 20歳

SP : 9位 57.26
シーズンベスト : 137.41
コーチ : フランク・キャロル
FS楽曲 : 火の鳥
振付 : ローリー・ニコル
主なタイトル : 全米選手権優勝、2015年世界選手権4位
(フジテレビ中継より引用)

真っ赤な衣装で登場。
冒頭3Lz-3Tは単独の3Lzに。
続く3Loは綺麗に決まる。
ステップシークエンスのあとの2Aは綺麗に決まる。
後半。
2A-2T-2Tの3連続は綺麗に決まる。
続く3Fは、流れはあったがe判定。
続く3Lzへのコンビネーションは1T。
最後の3Sは綺麗に決まった。
雰囲気、所作はとても美しかった。
最後、少し手を気にしていた。

技術点 : 57.41
演技構成点 : 63.72
FS合計 : 121.13
トータル : 178.39
暫定 : 1位
FS : 3位
最終 : 5位

アレイン・チャートランド (カナダ) 19歳

SP : 7位、59.71
シーズンベスト : 106.04
コーチ : ミッシェル・リー
FS楽曲 : 映画「風と共に去りぬ」より
振付 : デヴィッド・ウィルソン、シェイリーン・ボーン
主なタイトル : カナダ選手権優勝、GPシリーズロシア大会6位
(フジテレビ中継より引用)

濃いエンジ色の衣装で登場。
冒頭の3Lz-3Tは両足着氷で、3TがUR。
続く3Fは着氷が乱れ、URのe判定。
後半。
3Loは堪えるような着氷でGOEはマイナス評価。
2A-1Lo-3Sはあまり流れが良くない。3SはUR。
続く3Lzは成功するも、GOEはマイナス。
3SはURで転倒。
2A-2Loは成功も、GOEはマイナス。
終わったあとの表情はあまり冴えない。

技術点 : 50.55
演技構成点 : 56.47
FS合計 : 106.02
トータル : 165.73
暫定 : 2位
FS : 14位
最終 : 11位

チェ・ダビン (韓国) 16歳

SP : 10位、56.79
シーズンベスト : 115.11
コーチ : チ・ヒョンジュン
FS楽曲 : レ・ミゼラブル
振付 : パスカーレ・カメレンゴ
主なタイトル : Jr.GPシリーズ ラトビア大会3位
(フジテレビ中継より引用)

冒頭の3Lz-3Tは綺麗に成功。
続く3Fも綺麗に決まった。
続く3Loは流れがいい。
2A-3Tは着氷が乱れ、3TがUR。
後半。
3Lz-2T-2Loは第二、第三ジャンプで片手を上げ、流れ良く決める。
続く3Sも流れがあり綺麗。
最後の2Aも流れ良く決まり、曲の盛り上がりに繋ぐ。
が、肝心のステップシークエンスで荒川静香さんから「エッジワークが浅くなっている」との指摘が。。。
ショーとしては一番の見せ場で疲れが出てしまったのは残念。
でも、シーズンベストは更新!
荒川静香さんからは「もう少しスピードに乗れるといい」とのお言葉。

技術点 : 63.65
演技構成点 : 53.27
FS合計 : 116.92
トータル : 173.71
暫定 : 2位
FS : 6位
最終 : 8位

カレン・チェン (アメリカ) 16歳

SP : 12位、53.55
シーズンベスト : 118.53
コーチ : タミー・ギャンビル
FS楽曲 : 映画「レ・ミゼラブル」より
振付 : ジャスティン・ディロン
主なタイトル : GPシリーズ中国杯5位
(フジテレビ中継より引用)

黒地にラインストーンの衣装で登場。
冒頭の3Lzは綺麗に決まる。
続く3Fは成功したかに見えたがe判定。
続くステップシークエンスは荒川静香さんから「一つ一つ丁寧に踏んでいていい」とのお言葉。レベルは3。
後半。
2A-3Tは転倒し、3TがUR。
コレオシークエンスで見せたスパイラルはとても綺麗。
3Lz-2Tは、2Tで片手を上げるも着氷が乱れ、いずれもUR。
3Loは成功。
2A-1Lo-2Sは無事成功。(予定では3Sだった)
曲が盛り上がったところでの3SはURで転倒。
最後のレイバックスピンはポジションがとても綺麗だった。
終わったあとは、あまり納得のいく表情ではないものの、笑顔を見せていた。
荒川静香さんは、ポジョンを変えてもスピードが落ちないスピンを高評価していた。

技術点 : 51.11
演技構成点 : 58.86
減点 : -1.00
FS合計 : 107.97
トータル : 161.52
暫定 : 4位
FS : 10位
最終 : 12位

キム・ナヒョン (韓国) 16歳

SP : 8位、58.40
シーズンベスト : 95.90
コーチ : チェ・ヒュンキュン
FS楽曲 : 映画「華麗なるギャツビー」より、他
振付 : シン・イェジ
(フジテレビ中継より引用)

鮮やかなブルーの衣装で登場。
冒頭は3Lo-3Loという珍しいコンビネーション。綺麗に決まる。
続く3Lz-3Tは、素人目には綺麗に決まるも、3Lzはe、3TはUR。
イナバウアーからの2Aは流れがあり綺麗。
後半。
3F-2Lo-2Loも無事成功。
3Sは成功したかに見えたがUR。
3Fは流れがあり綺麗。
2Aも、次の動きへの繋ぎがスムーズ。
終わった後は、やりきったというような涙を浮かべていた。

繋ぎの部分で手の動きがキレキレの時と指先に力が入っていない時の差は気になったものの、将来が有望な選手に思える!

自己ベストを大きく更新!

技術点 : 59.50
演技構成点 : 52.80
FS合計 : 112.30
トータル : 170.70
暫定 : 3位
FS : 8位
最終 : 9位

ケイトリン・オズモンド (カナダ) 20歳

SP : 11位、56.14
シーズンベスト : 119.74
コーチ : ラヴィ・ワリア
FS楽曲 : ダンサリン ほか
振付 : ランス・ヴィボンド、パスカーレ・カメレンゴ
主なタイトル : カナダ選手権3位
(フジテレビ中継より引用)

黒いシックな衣装で登場。赤い髪留めが映える。
冒頭の3F-2Tは高さがあった。(予定では3F-3T)
続くコンビネーションも2A-2Tに。(予定では3T)
3Lzはe。
3Loはやや堪えるような着氷。
後半。
3Fも堪えるような着氷。
コレオシークエンスでは美しいスパイラルに拍手が起こる。
3S-1T-2Loも何とか決めた。(1Tなのは2Tの飛びすぎを防ぐためと思われる)
最後の2Aは流れ良く、綺麗に決まった!
ラストのステップシークエンスは曲とともにお客さんも盛り上がる。
キス&クライでは、笑顔も見せていた。

技術点 : 59.09
演技構成点 : 60.40
FS合計 : 119.49
トータル : 175.63
暫定 : 2位
FS : 4位
最終 : 6位

最終グループ

長洲未来 (アメリカ) 22歳

SP : 3位、66.06
シーズンベスト : 114.54
コーチ : トム・ザカライセック
FS楽曲 : 映画「華麗なるギャツビー」より
振付 : カタリナ・リンデン
主なタイトル : 全米選手権4位
(フジテレビ中継より引用)

ベージュの衣装で登場。
冠が可愛い。
冒頭の3F-3Tは綺麗に決まる。
続く3Lzは、素人目には綺麗もe。
3Sは流れ良く決まった。
コレオシークエンスでは美しいスパイラルに拍手が起こる。
後半。
2A-3T-2Tは綺麗に決まり、拍手が起こる。
3Loは、次の動きへの流れがスムーズ。
3Lo-2Tのコンビネーションも綺麗に決まる。
最後の2Aも綺麗に決まり、盛り上がった!
ラスト、曲の盛り上がりとともに見せたステップシークエンス→レイバックスピンも、盛り上がった!
とてもいい演技がだったが、演技後は「もう少し出来たのにな」というような表情だった。
弾けるような笑顔を見せなかったことが、アナウンサーも荒川さんも意外な様子。
シーズンベストを更新し、本人よりもコーチの方が嬉しそう(笑)

技術点 : 66.01
演技構成点 : 61.79
FS合計 : 127.80
トータル : 193.86
暫定 : 1位
FS : 2位
最終 : 2位

村上佳菜子 (日本) 21歳

SP : 2位、68.51
シーズンベスト : 111.80
コーチ : 山田満知子、樋口美穂子
FS楽曲 : 映画「SAYURI」より
振付 : 樋口美穂子
主なタイトル : 全米選手権6位、GPシリーズ スケートカナダ4位
(フジテレビ中継より引用)

青と水色のコントラストが綺麗な衣装で登場。
緊張した面持ち。
冒頭の3Loは手をつき、UR。
2A-3Tは、3Tに高さがあったものの、これがUR。
続く3Fは堪えるような着氷。
後半。
3Loは1Loに。
3F-1T-2Tは、3FがUR。
3Sは綺麗に決まった。
最後の3S-2Tは流れ良く、綺麗に決まった!
演技後は、納得のいく表情ではないものの、やりきったというような笑顔を見せた。
ループが抜けたのと、回転不足が相当得点に響いた模様。。。

技術点 : 47.42
演技構成点 : 59.19
FS合計 : 106.61
トータル : 175.12
暫定 : 4位
FS : 13位
最終 : 7位

本郷理華 (日本) 19歳

SP : 4位、64.27
シーズンベスト : 129.97
コーチ : 長久保裕
FS楽曲 : リバーダンス
振付 : 宮本賢二
主なタイトル : 全米選手権4位
(フジテレビ中継より引用)

黒地にラインストーンの衣装で登場。
冒頭のコンビネーションは、3Fは高さがあったものの、続く3Tで回転が開いてしまい、転倒。3TのDGか2T扱いか微妙なジャンプだったが、結果は3TのDG。
続く3Sは片手を上げ、次の動きへの流れも綺麗。ミスを取り戻そうという気迫を感じた。
続く3Lzは素人目にも分かるe。
後半。
2A-3T-2Tは、2Tで片手を上げる。
続く3Loも、流れがあり綺麗。
3Fは着氷するも、マイナス評価。
続くコレオシークエンスは曲が盛り上がり、手拍子が起こる。ステップも見応えあり。
最後の2A-2Tは、2Tで片手を上げた。
演技後は、首を傾げるも笑顔を見せた。
点数が発表されるのに時間がかかった。
最初のジャンプが3Tか2Tかのところだろうか?
冒頭の3TのDGとルッツのeが響いて、点数は伸びない。でも、最初のミスを引きずらなかったのは良かった!

技術点 : 58.00
演技構成点 : 50.51
減点 : -1.00
FS合計 : 117.51
トータル : 181.78
暫定 : 2位
FS : 5位
最終 : 3位

李子君 (中国) 19歳

李子君=日本語読み : リ・シクン、英語読み : ジジュン・リ

SP : 6位、60.04
シーズンベスト : 105.62
コーチ : ハイジュン・ガオ
FS楽曲 : 映画「アーティスト」より
振付 : ローリー・ニコル
主なタイトル : 2015年世界選手権9位、2014年四大陸選手権3位
(フジテレビ中継より引用)

トップが白と黒のラインストーンのストライプに黒いスカートで登場。
最初の2A-1Lo-3Sは流れがあり、綺麗に決まる。
続く2A-3Tでは手をつき、3TがUR。
続く3Fは綺麗に決まる。
コレオシークエンスからの3Loも、流れがあり、綺麗。
後半最初の3Lzはe。スローで見れば素人にも分かる。
続く3F-2Tは成功も、評価はプラマイ0。
最後の3Sは、URで尻餅をついた。
ここから曲が盛り上がってステップシークエンスに入るが、疲れが出てしまった。
演技後は、とても疲れたような表情だった。
シーズンベストは更新も、キス&クライでは笑顔はなし。

技術点 : 53.58
演技構成点 : 55.26
減点 : -1.00
FS合計 : 107.84
トータル : 167.88
暫定 : 8位
FS : 11位
最終 : 10位

宮原知子 (日本) 17歳

SP : 1位、72.48
シーズンベスト : 140.09
コーチ : 濱田美栄、田村岳斗、松田陽子
FS楽曲 : ため息
振付 : ローリー・ニコル
主なタイトル : 2014・2015年全米選手権連覇、GPファイナル2位
(フジテレビ中継より引用)

紫がかった濃いピンクの衣装で登場。
冒頭の3Lz-2T-2Loでは、2Loで両手を上げて綺麗に決める。
続く3Loは流れがあり、綺麗。
ステップシークエンス後の3Fは、次の動きへの流れが滑らか!
逆回転になる足換えコンビネーションスピンは見応えあり。
後半。
3Lzは綺麗に決まる。
2A-3Tもバッチリ決まって、GOEは+1.40の高評価。
3Sも流れがあり綺麗。
最後の2A-3Tも綺麗に決まり、盛り上がる。こちらもGOEが+1.40の高評価。
ラストのレイバックスピンも美しい。
演技後はスタンディングオベーション。
笑顔を見せていた。
自己ベストを更新し、キス&クライでは濱田コーチとともに笑顔。
お客さんからも拍手喝采。

最後まで曲の世界を演じきっていたように思う。
表情豊かで、女の子の初恋の感じがとても伝わり、引き込まれた。

技術点 : 74.89
演技構成点 : 67.54
FS合計 : 142.43
トータル : 214.91
暫定 : 1位
FS : 1位
最終 : 1位

パク・ソヨン (韓国) 18歳

SP : 5位、62.49
シーズンベスト : 111.81
コーチ : チ・ヒョンジュン
FS楽曲 : ロミオとジュリエット
振付 : シンディー・スチュアート
主なタイトル : 2015年四大陸選手権9位
(フジテレビ中継より引用)

淡いピンクの可愛らしい衣装で登場。
冒頭の3Lzは着氷が乱れる。
続く2A-3Tは綺麗に決まり、高評価。
続く3Fは転倒。
悲しげな音楽に乗せてのステップシークエンスはエレガントで綺麗。
後半。
3S-2T-2Loでは、2Loで片手を上げる。
3Loは綺麗に決まる。
2A-3Tは、3TがUR。
最後、イナバウアーからの3Sは流れがあり、次の動きへの繋ぎも綺麗。
演技後は、疲れた様子だったが、笑顔で歓声に応えた。
シーズンベストを更新し、キス&クライでは笑顔を見せていた。

悲しげな音楽をとても綺麗に演じていたように思う。
個人的には好きなプログラム。

技術点 : 60.69
演技構成点 : 56.74
減点 : -1.00
FS合計 : 116.43
トータル : 178.92
暫定 : 4位
FS : 7位
最終 : 4位

感想&まとめ

結果、本大会の順位は、以下のようになりました。

1 宮原知子 (日本) 214.91
2 長洲未来 (アメリカ) 193.86
3 本郷理華 (日本) 181.78
4 パク・ソヨン (韓国) 178.92
5 グレイシー・ゴールド (アメリカ) 178.39
6 ケイトリン・オズモンド (カナダ) 175.63
7 村上佳菜子 (日本) 175.12
8 チェ・ダビン (韓国) 173.71
9 キム・ナヒョン (韓国) 170.70
10 李子君 (中国) 167.88
11 アレイン・チャートランド (カナダ) 165.73
12 カレン・チェン (アメリカ) 161.52

本大会の詳細は、下記サイトでもご確認いただけます。

四大陸選手権・女子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子FS 採点表

宮原選手が2位に20点以上差をつけて、ダントツの優勝です!
おめでとうございます^o^

何となく、今大会は優勝するんじゃないかと思っていましたが……嬉しいです♪
これだけ続けて安定した演技が出来る、って、凄いです!

長洲未来選手は、ずっと伸び悩んでいる印象がありましたが、今回は飛躍の大会になりましたね!

ゴールド選手は、フリーでも若干のミスが出て表彰台こそ届かなかったものの、SP9位から挽回して順位を5位に上げました!さすがです!

今大会は、韓国の若い選手の活躍も光りましたね。
チェ・ダビン選手、キム・ナヒョン選手ともに、これからが楽しみですvv
パク・ソヨン選手も、今大会はとてもいい演技を見せてくれて、飛躍の大会になったのではないかと思います!

2年後の平昌五輪に向けて、地元韓国の選手も頑張ってますね。
面白くなりそうですvv

全体的に、とても見応えのある大会だったように思えます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

同大会 その他の種目の感想も、別途語らせていただきました!
よろしければあわせてお付き合いいただけると嬉しいです^ ^

  • [ai] 四大陸選手権2016 女子SP 感想
  • [ai] 四大陸選手権2016 男子SP 感想
  • [ai] 四大陸選手権2016 男子FS 感想
  • [ai] 四大陸選手権2016 エキシビジョン 感想

2015-2016シーズンのまとめはこちらです。

[ai] フィギュアスケート2015-2016シーズン まとめ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする