[ai] 平昌五輪の代表選考基準が発表される | フィギュアスケート文字動画

[ai] 平昌五輪の代表選考基準が発表される

こんにちは^ ^

スケオタクリスチャンのペパーミントあいです。

日本スケート連盟が、
フィギュアスケートの平昌五輪
代表選考基準を発表しました。

スポンサーリンク




今季の代表選考基準

2017年6月23日、
日本スケート連盟はフィギュアスケートに
平昌五輪の代表選考基準を発表。

その内容は以下の通りです。

○男子シングル

  • 1枠目 : 全日本選手権の優勝者
  • 2枠目 : 全日本選手権2,3位の選手、
    グランプリファイナル出場者上位2名
    の中から選考
  • 3枠目 : 2枠目の選考で漏れた選手、
    全日本終了時の世界ランキング上位3名、
    全日本終了時のシーズン世界ランキング上位3名、
    全日本終了時のシーズンベストスコア上位3名

    から選考

○女子シングル

  • 1枠目 : 全日本選手権の優勝者
  • 2枠目 : 全日本選手権2,3位の選手、
    グランプリファイナル出場者上位2名、
    全日本終了時の世界ランキング上位3名、
    全日本終了時のシーズン世界ランキング上位3名、
    全日本終了時のシーズンベストスコア上位3名

    から選考

○ペア・アイスダンス
(いずれも最終予選で出場枠を獲得できた場合)

  • 全日本1位の組
  • 全日本終了時の世界ランキングが最も高い組
  • 全日本終了時のシーズン世界ランキングが最も高い組
  • 全日本終了時のシーズンベストスコアの最も高い組
  • より総合して選考

男女のシングルの太字にした部分、
シーズン世界ランキングと
シーズンベストスコアに関しては、

今季より新たに設けられた基準のようです。

通常の世界ランキングは過去3年の実績が
反映されるため、

この上位者となると
今季からシニアデビューする選手には
不利な条件でしたが、

そのシーズンのみの成績が反映される
シーズン世界ランキングと
シーズンベストスコアが選考の条件に
なったことで、

若くて勢いのある選手に
より門戸が開かれた形となりました。

そのシーズンでの調子も
大事ですもんねぇ。。。

なお、ペアは
須藤澄玲&フランシス・ブードロオデ組が
現時点では日本のエースと言える
カップルですが、

ブードロオデ選手が日本国籍を
取得していないため、

日本代表として五輪に出場する条件を
満たしていません。

よって、須藤&オデ組を除いた組の中から
選考されることになります。

関連記事

主要選手の初戦スケジュールも
発表されました。

[ai] 羽生結弦ら主要選手の平昌五輪シーズン初戦が決定

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする