[ai] 明石家スポーツに織田信成さん出演 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 明石家スポーツに織田信成さん出演

こんにちは^ ^

スケオタクリスチャンのペパーミントあいです。

2017年6月21日の深夜に再放送された
「明石家スポーツ」という番組に、
織田信成さんが出演しました。

「明石家スポーツ」について

「明石家スポーツ」は、
実は大のスポーツ好きの明石家さんまさんが、
元アスリートや芸能人の方々とスポーツ談義に
花を咲かせるスペシャル番組。

これがBS-NHKで放送されたのが
とても新鮮でした。

ここに、フィギュアスケート界代表として
織田信成さんが出演!

フィギュアスケートのコーナーも
放送されました^ ^

……わたし、本放送は録画に失敗して
終わりの方しか見られなかったので、

再放送で無事フィギュアの
コーナーも見られて良かったです^ ^

気になるフィギュアスケートのコーナーは?

で、気になるフィギュアスケートの
コーナーは、というと……

4回転ジャンプの歴史についての話と、

さんまさんが大好きな
グレイシー・ゴールド選手の
話題が上がりました!

4回転ジャンプの歴史

今でこそ4回転ジャンプを跳んでなんぼ、
の男子フィギュアですが、

カート・ブラウニング選手が
公式戦で初めて4回転トゥーループを
成功させてから今に至るまで、

実に20年以上の月日を費やしています。

カート・ブラウニング選手が
初めて4回転トゥーループを決めたのは、
1988年。

まだ旧採点方式の時代だったので、
難しいジャンプをバンバン飛ぶより、
スケーティングスキルや表現力といった
ところが重視されがちだったんですね。

(ジャッジによっては難しいジャンプを評価
するジャッジもいたでしょうが、

その辺りもジャッジの好みに依存するところが
大きかったんじゃないかと思います)

今の新採点方式になってからは、
少しずつ技術に対する評価の比重が
大きくなってきます。

それでも、バンクーバー五輪では
4回転を跳ばなかったライサ・チェック選手が
金メダルに輝いたことで、

銀メダルのプルシェンコ選手が、
ルールに対して異を唱えたのは有名な話です。

わたしにはルールや技術のことは
正直あまりよく分からないですが、

多分、やってる人からすれば、
このくらいのルールだったら挑戦した方が得、
このルールだったらリスクを冒さない方が得、

といった線引きはあるんでしょうね。

バンクーバー五輪後のルール改正以降は、
4回転ジャンプに挑戦する選手がどんどん増え、
男子フィギュアがより見応えあるものに
なったことは間違いありません。

ソチ五輪では4回転は
トゥーループ、サルコーまででしたが、

かなりの短期間で
ループやフリップやルッツの4回転を
跳ぶ選手が出てきているので、

4回転アクセルが試合に登場するのも、
そう遠くない将来の話かもしれないですね。

さんまさんも大好きな
グレイシー・ゴールド

さんまさんは
フィギュアスケート選手の中では、
グレイシー・ゴールド選手が大好きとのこと!

美人ですもんねvv

そのグレイシー・ゴールド選手から、
さんまさんと番組宛てに
自撮りのメッセージ動画が送られたので、

これが紹介されました^ ^

コメント内容はあいさつ程度の
無難なものでしたが、
いい人ですね^ ^

昨季はあまり振るわなかったゴールド選手。

はたして次のシーズンは、
華麗に活躍する姿が見られるのでしょうか?

ゴールド選手の華麗な演技、
また世界の舞台で観たいですね^ ^

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク