[ai] NHK杯2014 男子シングル 羽生結弦 4位でもファイナル進出! | フィギュアスケート文字動画

[ai] NHK杯2014 男子シングル 羽生結弦 4位でもファイナル進出!

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

NHK杯男子シングルも終わり、ファイナル進出者が確定しましたね!

スポンサーリンク




NHK杯2014 男子シングル結果

NHK杯2014男子シングルの結果は、以下の通りです。

NHK杯2014 男子シングルSP 採点表
NHK杯2014 男子シングルFS 採点表

SP(ショートプログラム)をトップで終えた無良崇人選手はフリー(FS)ではミスが出て全体では3位、

SP2位のボロノフ選手はフリーも大きなミスなくまとめて2位で最終順位も2位表彰台、

一方、本大会開幕時には出場選手中世界ランキングが2番目に低かった村上大介選手は、SPで自己ベストを大幅に更新して3位につけ、フリーでも渾身の演技を披露し、見事逆転優勝!

まさかの(と言っては失礼ですが)展開にビックリです!

でも、SP、FSどちらも素晴らしいプログラムでした♪

村上選手は現在アメリカ在住で、グレイシー・ゴールド選手と同じフランク・キャロルコーチに師事しているようです。

結果、女子シングルはゴールド選手が優勝したので、男女シングルはともにフランク・キャロル門下生のアベック優勝となりました(^o^)

バックステージでは、村上選手がゴールド選手と抱き合って喜んでいる姿も映っていましたね。

おめでとうございます(^o^)

女子シングルでは加藤利緒菜選手が大活躍でしたが、お馴染みの選手に加え、新しい顔ぶれが活躍してくれることは、嬉しいし心強いですね♪

羽生結弦は4位!でもファイナルには進出!

そして、中国杯での衝突事故で大怪我を負った羽生選手は、体調が万全とは言えない状態の中本大会に出場。

やはり練習期間が短いせいか、SPは本来の出来とは言えない5位発進。

FSも4回転ジャンプが全て抜けてしまい、得点は自己ベストにはとうてい及ばない151.79で全体の4位という、久々に表彰台を逃す結果に終わりました。

でも、強運の持ち主なのか、中国杯の2位とNHK杯の4位のポイントで、辛うじてファイナルには進出!

良かったです>_<

怪我も実力のうちなら、運も実力のうちですからね。

やはり彼は持っているなぁと思いました。

次の試合ではぜひ、SP、FSともに完成系を見せてほしいです(≧∇≦)

でもとりあえずは、6分間練習では4回転トゥループ、サルコウともに成功させている姿が見られ、ちゃんと試合が出来るまでには回復しているようでホッとしました。

もちろん、ファイナルに出るからには優勝目指して頑張ってほしいですが、何より怪我なく終わってほしいですね。

個人的には一番良かったアボットのフリー

一方、SPでは2位だったジェレミー・アボット選手でしたが、フリーでは得点を伸ばせず、全体では6位となりました。

これといって大きなミスは見当たらず、とても惹きつけられる素晴らしいプログラムだったのなぜ?と思ったのですが……

4回転ジャンプを入れていなかったことと、2本入れたトリプルアクセルのうち1本がコンビネーションにならず、基礎点と出来栄え点(GOE)が大幅なマイナスになってしまったこと、またスピンでのレベルの取りこぼしが大きかったようです。。。

2本目のトリプルアクセル以外にGOEでマイナスを食らった要素はないですが、元々の基礎点がかなり低いですもんね。。。

フリーの演技構成点では全選手中トップの評価を受けていますが、やはり今の男子シングルは、4回転ジャンプなしで戦うのは相当厳しいようです>_<

それを考えたら、4回転ジャンプが2本抜け、さらにトリプルアクセルも1本シングルになってしまったのに、僅差とはいえ、フリーでアボット選手や無良選手を上回った羽生選手は、凄いなと思ってしまいます!

最も、羽生選手は抜けたジャンプ以外は全てGOEで高いプラスの評価を得ているので、押さえるべきところはやはり、押さえているのでしょうね。

でも、個人的には、アボット選手のフリーが本大会中一番目良かったです!

2つの回転不足が痛手となった無良崇人のフリー

SPをトップで終え、そのままフリーでも逃げ切ってしまうかと思われていた無良選手でしたが、フリーでは3つの大きなミスが痛手となってしまいました。

1つ目は、最初の4回転トゥループが回転不足(アンダーローテーション)になってしまったこと、

2つ目は、最初のトリプルアクセルがシングルになってしまったこと、

そして3つ目は、後半のトリプルフリップがダウングレード(アンダーローテーションより不足している回転不足)になってしまったこと。

素人目には、転倒さえしなければノーミスと映りますが、実際は、ジャンプが抜けてシングルになる、回転不足の判定を受けることの方が、しっかり回りきった上で転倒するよりマイナスになってしまうのですm(_ _)m

(もちろん、回転不足の上転倒すりよりは、回復不足でも転倒しない方がマシですが)

特に回転が1/2足りないダウングレードの場合、1/4足りないアンダーローテーションが基礎点が7割減らされるのに対し、1回転少ないジャンプの基礎点とされてしまうため、そこからさらにGOEでのマイナスも食らってしまうと、本当に大幅な点数ダウンになってしまうんですよねぇ。。。

4回転トゥループの場合、基礎点は10.3ですが、アンダーローテーションの場合は基礎点が7.2となり、さらにそこからGOEでマイナスされると、実際にもらえる点数は4点くらいになってしまうのです。

(今回の無良選手の場合は4.2点となりました)

これがダウングレードになると、3回転トゥループの基礎点4.1からGOEのマイナスになるので、かなり損します。

一方、きちんと回った上での転倒なら、基礎点10.3からGOEでマイナスされ(相場はマイナス3点くらい)、さらに転倒の減点が1点で、6.3点はもらえる計算になります。

転倒しないことよりしっかり回りきることの方が大事であることがよく分かるかと思います。

4回転ジャンプやトリプルアクセルといった、基礎点の高いジャンプほど、抜けてシングルになったり、回転不足になってしまうとダメージが大きくなってしまうのです。

無良選手は今回、SPを首位で迎え、さらにファイナルの進出もかかっているという、非常にプレッシャーのかかる状況。

メンタルのコントロールが難しかった部分もあると思います。

でも、優勝したカナダ大会では多かったスピンのレベルの取りこぼしはなくなっていたので、次に繋がる試合にはなったと思います!

無事表彰台は確保し、自力でのファイナル進出を果たせたことは、大きな自信につながると思います。

ぜひファイナルでもいい活躍を期待したいです!

男子シングル グランプリファイナル進出者は・・・

本大会の結果を受け、グランプリファイナル進出者が下記の通り確定いたしました!

スペインのハビエル・フェルナンデス選手、ロシアのマキシム・コフトゥン選手、セルゲイ・ボロノフ選手、そして日本の町田樹選手、無良崇人選手、羽生結弦選手の6人で争われることになりました!

日本人が3人も出場、嬉しいですvv

ロシアの選手も、女子ほど派手ではないですが、男子も優秀な選手が揃っていますね^ ^

そして、ファイナル開催のご当地スペインのフェルナンデス選手。

うーん、楽しみ♪

とは、いえ。

各大会をいい感じで終われた海外勢と違い、日本の選手は揃って悔しい終わり方をしているので、ファイナルではぜひ、その雪辱を晴らす素晴らしい演技をしてほしいです!

出場する全ての選手がそれぞれにいい演技をして、見応えのある素敵な大会になることを願っています(≧∇≦)

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

関連記事

[ai] フィギュアスケート NHK杯 女子シングル 村上佳菜子、宮原知子両選手ともにファイナル出場ならず>_< » ペパーミントダイアリー2
[ai] エリックボンパール杯2014 男女シングル 町田樹選手は2位でファイナル出場決定! » ペパーミントダイアリー2
[ai] 中国杯2014 羽生結弦流血しながらの2位!でも、ただ暑苦しいだけの人じゃない » ペパーミントダイアリー2