[ai] 2015-2016シーズン エリザベット・トゥルシンバエワ (カザフスタン) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン エリザベット・トゥルシンバエワ (カザフスタン) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、エリザベット・トゥルシンバエワ選手の個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※ほぼメモなので、多少の乱文はご容赦下さい。また、多少の率直すぎる感想もご了承願います。

スポンサーリンク




グランプリ スケートアメリカFS

個人的に将来が楽しみと感じたのは、アメリカのカレン・チェン選手と、カザフスタンのトゥルシンバエワ選手。

トゥルシンバエワ選手は、羽生選手と同じブライアン・オーサーコーチの門下生とのこと。

小柄で細身ながら、後半もスピードが落ちず、安定した演技を見せてくれました。

まだ15歳の選手なので細かいアラはあるものの、安定感を感じる選手でした。伸び代がとてもありそうvv

将来が楽しみです!

スケートアメリカ2015 女子FS | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 女子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 女子FS 感想

グランプリ スケートアメリカ エキシビジョン

曲「I Got Rhythm」

楽しそうな音楽を楽しそうに踊っていた。
小柄ながら芯の強そうな選手に思える。
基礎力のとてもある選手に見えるので、将来が楽しみ!

[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ エキシビジョン 感想

※2015年11月4日更新、ここまで。


グランプリ スケートカナダ SP

曲 : 悲しみのクラウン

冒頭はコンビネーションの予定だったが3Lzの単独。苦しそうな着氷。
次の3Fはコンビネーションが入らず転倒。
最後の2Aは流れがあり、綺麗に決まる。
ジャンプではミスが出たが、その他の要素は気持ちが途切れることなく、美しく演じていたように思える。

技術点 24.93 演技構成点 25.91 減点1.00 合計 49.84
暫定6位 SP12位

スケートカナダ2015 女子SP 詳細 | スポーツナビ
スケートカナダ2015 女子SP 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子SP 感想

グランプリ スケートカナダ FS

曲 : 映画「愛のイエントル」より

冒頭の3Lzはコンビネーションの予定が単独に。
もう一度3Lzからのコンビネーションに挑むが、またも単独。
3F-2T-2Loの3連続は、最後のジャンプを片手を上げて決める。
3S-3Tのコンビネーションは綺麗に決まる!
3Loも成功。
2A-3Tも綺麗に決まった!
単独の2Aも成功。

序盤はジャンプのミスに苦しんだが、後半、盛り返したように思える!

技術点 63.39 演技構成点 51.93
FS 115.33 合計 165.16
暫定1位 FS4位 総合7位

スケートカナダ2015 女子FS 詳細 | スポーツナビ
スケートカナダ2015 女子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子FS 感想

グランプリ スケートカナダ 総括

SPもFSも、3Lzからのコンビネーションジャンプに苦しんでいましたね。
今やジュニアの選手でも、出来なくてはトップにはいけない3Lz-3Tですが、難しいコンビネーションジャンプなんでしょうねぇ。。。
FSの後半で盛り返せたのは、良かったです!

※2015年11月10日更新、ここまで。

データが出揃い次第、順次追記していきます!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。