[ai] 2015-2016シーズン フローラン・アモディオ (フランス) | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン フローラン・アモディオ (フランス)

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、フローラン・アモディオ選手の個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※ほぼメモなので、多少の乱文はご容赦下さい。また、多少の率直すぎる感想もご了承願います。

スポンサーリンク




グランプリ スケートアメリカ FS

「Winston Churchill’s Boy」ほか

冒頭の4Sは変な倒れ方で転倒!怪我していないか心配な倒れ方。回転は1/2足りず3回転半。
次の3Aは綺麗に決まる。次は4S-3Tの予定が3S-3Tになる。
後半最初の2Aは綺麗に決まる。次のステップからの3Aはオーバーターンのうえ転倒。(本来は3連続の予定だった)
次は、恐らく3Fの予定が2F。
続く3Tは綺麗に決まる。
ここで3Lz-1o-2Sの3連続。綺麗に決まる。

ジャンプは要所要所でミスが出て決まらない印象だったけれど、個性溢れるスケーター。
演技はとても素敵だった!

技術点53.79 演技構成点73.70
FS125.49 総合197.45 暫定3位 最終11位

スケートアメリカ・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 男子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 男子FS 感想

※2015年11月4日更新、ここまで。

データが出揃い次第、順次追記していきます!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする