[ai] 2015-2016シーズン ポリーナ・エドモンズ (アメリカ) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン ポリーナ・エドモンズ (アメリカ) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、ポリーナ・エドモンズ選手の主要出場大会個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※ほぼメモなので、多少の乱文はご容赦下さい。また、多少の率直すぎる感想もご了承願います。

スポンサーリンク




グランプリ スケートカナダ SP

曲 : ピアノソナタ第14番「月光」ほか
作曲 : ベートーベン

冒頭の3Lz-3Tは綺麗に決まる。
ターンからの3Fも流れがあり綺麗。
最後の2Aは着氷が乱れる。
静かな曲をとても美しく魅せていた。

技術点 26.92 演技構成点 29.93 合計 56.85
暫定3位 SP5位

スケートカナダ2015 女子SP 詳細 | スポーツナビ
スケートカナダ2015 女子SP 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子SP 感想

グランプリ スケートカナダ FS

曲 : 映画「風と共に去りぬ」より

冒頭の3Lz-3Tは、高さ、流れともにあり、綺麗!
片足ターンからの3F-1Lo-3Sは綺麗だったが、最後の3Sが回転不足。
2Aはやや堪えるような着氷。

後半。
3Fは転倒。
3Loは無事に決まる。
3Lo-2Tは流れのあるジャンプ。
最後の2Aもバッチリ決まった!

とても素敵なプログラム。
エドモンズ選手が演じると明るく、朗らかな雰囲気になる。

技術点 53.70 演技構成点 59.14 減点 -1.00
FS 111.84 合計 168.69
暫定3位 FS5位 総合6位

スケートカナダ2015 女子FS 詳細 | スポーツナビ
スケートカナダ2015 女子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子FS 感想

グランプリ スケートカナダ 総括

SP、FSともに、エドモンズ選手の雰囲気に合ったいいプログラムなのではないでしょうか?
エドモンズ選手が演じると、どんなプログラムも、明るく、朗らかな印象になりますね^o^

ジャンプは本大会、いずれも2Aで苦戦している模様。
アクセルが苦手なのでしょうか??

※2015年11月10日更新、ここまで。

データが出揃い次第、順次追記していきます!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする