[ai] 2015-2016シーズン マイケル・クリスチャン・マルティネス (フィリピン) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン マイケル・クリスチャン・マルティネス (フィリピン) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン マイケル・クリスチャン・マルティネス選手の主要出場大会個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 72.24
コーチ : ピーター・コンカセム
SP楽曲 : 「エグモント」序曲
振付 : ニコライ・モロゾフ
主なタイトル : GPシリーズ中国杯6位
(フジテレビ中継より引用)

王子様風の衣装で登場。
冒頭の3Lz-3Tは着氷が乱れる。
続く3AはURで転倒。
後半。
最後の3Loは綺麗に決まる。
締めのビールマンスピンはとても綺麗で、盛り上がる!
スピンはとても綺麗!

技術点 : 35.18
演技構成点 : 34.97
減点 : -1.00
合計 : 69.15
暫定 : 1位
SP : 9位

四大陸選手権・男子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 9位、69.15
シーズンベスト : 148.12
コーチ : ピーター・コンカセム
FS楽曲 : ロミオとジュリエット
振付 : ニコライ・モロゾフ
主なタイトル : GPシリーズ中国杯6位
(フジテレビ中継より引用)

王子様風の衣装で登場。
冒頭の3Lz-3Tは着氷が乱れ、3TがUR。
3A-2Tのコンビネーションは着氷がやや詰まりマイナス評価。
3Fは着氷が乱れたが、その前に見せたイナバウアーは綺麗だった。
後半。
イーグルの変形(正式名称分からず)で歓声が上がる。
3Aは着氷が詰まりマイナス評価。
3Lzは綺麗に決まった。
美しいスパイラルからの2A-2Tも無事成功。
3Sは次の動きへの繋ぎがスムーズ。
最後の3Loも綺麗に決まった。
コンビネーションスピンでは8回転のビールマンスピン。男子では珍しい。
演技後は笑顔で歓声に応える。

ジャンプでの評価は高くないものの、スピンやスパイラル、イナバウアーなど、柔軟性のあるポジションは綺麗で見応えあり。

技術点 : 71.64
演技構成点 : 70.80
FS合計 : 142.44
トータル : 211.59
暫定 : 1位
FS : 9位
最終 : 9位

四大陸選手権・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子FS 感想

四大陸選手権2016 総括

4回転ジャンプこそないものの、ビールマンスピンをはじめ、柔軟性を生かした動きが美しいマルティネス選手。

フィリピンという、フィギュアとはあまり縁のなさそうな国の選手が頑張っていることも、好感が持てます!

次は世界選手権でしょうか?

また次の試合も、いい演技を期待したいと思います!

※2016年3月2日更新、ここまで。

データが出揃い次第、追記していきます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。