[ai] 2015-2016シーズン マックス・アーロン (アメリカ) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン マックス・アーロン (アメリカ) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

興味があったので、マックス・アーロン選手、個別のまとめを作成してみました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」


グランプリ スケートアメリカ SP

失礼ながら、あまり注目していなかったのでビックリです(苦笑)

でも、本当に快心の素晴らしい演技でした!

ただそれだけに、衣装がシンプルすぎたのが少々残念な気がしましたm(._.)m

もっと素敵な衣装でやってくれていたら、もっと素敵だったろうになぁ。。。

スケートアメリカ2015 男子SP | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 男子SP 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 男子SP 感想

グランプリ スケートアメリカ FS

冒頭の4S-2Tはバッチリ決まる!
次の3A-2Tも高さのあるいいジャンプ!
後半の4Sもバッチリ決まった!
後半単独の3Aも高さ、飛距離ともにあるいいジャンプに!
最後の2Aのみステップアウトするミス(笑)

ジャンプの質がとても良くなったように思える。
ジャンプ以外の部分が若干物足りなく感じるのは、衣装が地味すぎるせいだろうか?
ブラック・スワンなので全身黒の衣装なのはいいのだけれど、もう少しキラキラさせるとか、工夫がほしいと思った。

技術点 90.98 演技構成点 81.30
FS 172.28 総合 258.95 暫定1位 最終1位

スケートアメリカ・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 男子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 男子FS 感想

グランプリ スケートアメリカ エキシビジョン

曲「Thunder Struck」

ジーパンにTシャツでバリバリのロックナンバー!
こういう曲が大好きなことが伝わるくらい、楽しそうに滑っていた(笑)
でも個人的には、エキシビなのでもう少しジャンプとスピン以外の部分の動きにも工夫がほしと思ってしまった(^_^;)
アンコールの曲は「Black Betty」か?

[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ エキシビジョン 感想

※2015.11.4更新、ここまで。


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 87.03
コーチ : トム・ザカライセック
SP楽曲 : トゥーランドット
振付 : フィリップ・ミルズ
主なタイトル : 全米選手権2位、GPシリーズ スケートアメリカ優勝
(フジテレビ中継より引用)

冒頭4Sはコンビネーションにならず、手をつく。
3Aは綺麗に決まる。次の動きへの流れもいい。
後半。
最後の3Lzは転倒。
結果、コンビネーションが入らない。。。
でも、最後までよく演じていた。
キス&クライでの表情は、選手、コーチ陣ともに固く冴えない。
点数が発表されると、大きくうなだれた。

技術点 : 32.48
演技構成点 : 38.00
減点 : -1.00
合計 : 69.48
暫定 : 5位
SP : 8位

四大陸選手権・男子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 8位、69.48
シーズンベスト : 172.28
コーチ : トム・ザカライセック
FS楽曲 : 映画「ブラックスワン」より
振付 : フィリップ・ミルズ
主なタイトル : 全米選手権2位、GPシリーズ スケートアメリカ優勝
(フジテレビ中継より引用)

上下黒の地味な衣装で登場。
冒頭の4Sは手をつく。
3A-2Tは、3Aに高さがあった。
3Loも無事成功。
後半。
曲が盛り上がったところでの4Sは、単独でステップアウト。
続くアクセルもシングルに。
3Lz-1Lo-3Sの3連続は綺麗に決まる。
3Lz-3Tはやや詰まり気味の着氷だったが、辛うじて評価はプラス。
最後の2Aは流れ良く決まる。
演技後は、疲れたような残念そうな表情。

技術点 : 75.10
演技構成点 : 76.36
FS合計 : 151.46
トータル : 220.94
暫定 : 2位
FS : 6位
最終 : 7位

四大陸選手権・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子FS 感想

四大陸選手権2016 総括

シーズン初めのスケートアメリカでは優勝しましたが、その後がちょっと冴えないですねm(_ _)m

本大会でも、SP、FSともにミスが多く、点数が伸びません。

次は世界選手権。

悔いのないように、シーズンを終えてほしいです。

※2016年3月1日更新、ここまで。

データが増え次第、順次追加していきます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする