[ai] 2015-2016シーズン 宮原知子 (日本) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン 宮原知子 (日本) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、宮原知子選手の個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」

グランプリ スケートアメリカSP

イメージチェンジ、というほど大げさなものではないのかもしれませんが(^_^;)
宮原選手も、情熱的なプログラムを情熱的に演じていました!
とても良かったですvv

ただ、素人目にはぱっと見完璧な演技に見えたけれど、最後の3F(トリプルフリップ)で回転不足
+「!」(本来インサイドエッジで踏み切らなければいけないところ、フラットで踏み切っている)判定。

冒頭の3Lz-3T(トリプルルッツ-トリプルトーループ)も加点が低く、解説の織田信成さんによると、「本来のジャンプに比べると詰まってしまっていた」そうなので、あまりいいジャンプではなかったようです。

グレイシー・ゴールド選手はフリップジャンプがまるまる一本抜けてしまったのに、僅かに宮原選手より得点が高いのは、GOEの加点の差によるところが大きいかなと思います。

SP終了時点での順位は3位です。

スケートアメリカ2015 女子SP 詳細 | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 女子SP 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 女子SP 感想

グランプリ スケートアメリカFS

一方、宮原選手はリストの「ため息」という、とてもロマンチックな選曲。

以前よりとても表現に磨きがかかっているように思えます!

SPのファイアーダンスも情熱的で良かったけど、こちらも情熱的で素敵vv

ただ、演目として眺める分には素敵なのですが、3F(トリプルフリップ)と3Lz(トリプルルッツ)での回転不足で得点が伸びなかったようですm(._.)m

その上、3Fは「!」判定。

宮原選手はジャンプの高さが低いせいか、回転不足を取られやすく、GOE(出来映え)の加点も低いんですよねぇ。。。

決して悪い点数ではないのですが、ジャンプにもう少し高さが出れば、メドベデワ選手やゴールド選手との差も埋められるのではと思います。

結果はFSも総合も3位。

スケートアメリカ2015 女子FS | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 女子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 女子FS 感想

グランプリ スケートアメリカ エキシビジョン

曲「Wings to Fly」

宇野昌磨選手の紹介で登場!
(カタカナで書かれたカンペを読んでいた(笑)
曲は「翼をください」の英語バージョン。振付はステファン・ランビエール。
純白の衣装の袖に翼のような装飾があしらわれていて、綺麗だった。
よく練習しているのが伝わる、滑らかな演技に感動!
全身で曲を表現している。涙が出そうになった。

村主千香さんは宮原選手相手に「納得されていない」など、謙譲表現をしていて、子供扱いしていないところに好印象。

[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ エキシビジョン 感想

※2015年11月4日更新、ここまで。


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 69.53
コーチ : 濱田美栄、田村岳斗、松田陽子
SP楽曲 : ファイヤー・ダンス
振付 : トム・ディクソン
主なタイトル : 2014、2015年全日本選手権連覇、GPファイナル2位
(引用元はフジテレビ中継より)

今日も安定している。
3Lz-3T、3F、2Aともに綺麗。
逆回転のコンビネーションスピンもバッチリ!
お客さんも盛り上がっていた!良かった!
初の70点越え!点数にも盛り上がる!

技術点 : 39.88
演技構成点 : 32.60
合計 : 72.48
暫定 : 1位
SP : 1位

四大陸選手権・女子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 1位、72.48
シーズンベスト : 140.09
コーチ : 濱田美栄、田村岳斗、松田陽子
FS楽曲 : ため息
振付 : ローリー・ニコル
主なタイトル : 2014・2015年全米選手権連覇、GPファイナル2位
(フジテレビ中継より引用)

紫がかった濃いピンクの衣装で登場。
冒頭の3Lz-2T-2Loでは、2Loで両手を上げて綺麗に決める。
続く3Loは流れがあり、綺麗。
ステップシークエンス後の3Fは、次の動きへの流れが滑らか!
逆回転になる足換えコンビネーションスピンは見応えあり。
後半。
3Lzは綺麗に決まる。
2A-3Tもバッチリ決まって、GOEは+1.40の高評価。
3Sも流れがあり綺麗。
最後の2A-3Tも綺麗に決まり、盛り上がる。こちらもGOEが+1.40の高評価。
ラストのレイバックスピンも美しい。
演技後はスタンディングオベーション。
笑顔を見せていた。
自己ベストを更新し、キス&クライでは濱田コーチとともに笑顔。
お客さんからも拍手喝采。

最後まで曲の世界を演じきっていたように思う。
表情豊かで、女の子の初恋の感じがとても伝わり、引き込まれた。

技術点 : 74.89
演技構成点 : 67.54
FS合計 : 142.43
トータル : 214.91
暫定 : 1位
FS : 1位
最終 : 1位

四大陸選手権・女子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子FS 感想

四大陸選手権2016 エキシビジョン

曲 : Wings to Fly 〜翼をください〜

純白に羽根のような装飾のあしらわれた衣装で登場。
とても丁寧に演じていたように思えました。
素敵でしたvv
よく練習しているのを感じます。
回を追うごとに、動きが自然に、滑らかになっているように感じます。
個人的にとても好きなプログラムです。

[ai] 四大陸選手権2016 エキシビジョン 感想

四大陸選手権2016 総括

晴れて公式戦で初の200点越えを果たしました!

いやぁ、全てが完璧でしたね。

去年の今頃は、グランプリも世界選手権も、銅メダルが取れればいい方だろうと思っていましたが、こういい状態が続くと、自ずと金メダルを期待してしまいますね。

世界選手権に次ぐ大きな四大陸選手権での金メダルは、大きな自信につながったことと思います!

世界選手権では、強いロシアの選手もたくさん出てくるし、その他のライバルも力をつけて出てくるでしょうから、「銀メダルは取ったから次は金を」とは、気軽には言えません。

でも、より上を目指すという意味では、そうあってほしい気もします。

ていうか、取らせてあげたいです(笑)

知子ちゃんのような一生懸命やっている子が試合でその成果を発揮している姿を見ると、心打たれるし、嬉しくなります!

※2016年2月26日更新、ここまで。

データが出揃い次第、順次追記していきます!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする