[ai] 2015-2016シーズン 本郷理華 (日本) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン 本郷理華 (日本) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、本郷理華選手の主要出場大会個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 65.79
コーチ : 長久保裕
SP楽曲 : 「キダム」よりIncantation
振付 : 鈴木明子
主なタイトル : GPシリーズ中国杯2位
(引用元はフジテレビ中継より)

ぱっと見はノーミスで終わる。
体を大きく使えていて、見応えがあった。
冒頭の3F-3Tは着氷がややギリギリな印象。判定はUR扱い。
最後の2Aは流れがあって綺麗だった。

技術点 : 34.81
演技構成点 : 29.46
合計 : 64.27
暫定 : 1位
SP : 4位

四大陸選手権・女子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 4位、64.27
シーズンベスト : 129.97
コーチ : 長久保裕
FS楽曲 : リバーダンス
振付 : 宮本賢二
主なタイトル : 全日本選手権4位
(フジテレビ中継より引用)

黒地にラインストーンの衣装で登場。
冒頭のコンビネーションは、3Fは高さがあったものの、続く3Tで回転が開いてしまい、転倒。3TのDGか2T扱いか微妙なジャンプだったが、結果は3TのDG。
続く3Sは片手を上げ、次の動きへの流れも綺麗。ミスを取り戻そうという気迫を感じた。
続く3Lzは素人目にも分かるe。
後半。
2A-3T-2Tは、2Tで片手を上げる。
続く3Loも、流れがあり綺麗。
3Fは着氷するも、マイナス評価。
続くコレオシークエンスは曲が盛り上がり、手拍子が起こる。ステップも見応えあり。
最後の2A-2Tは、2Tで片手を上げた。
演技後は、首を傾げるも笑顔を見せた。
点数が発表されるのに時間がかかった。
最初のジャンプが3Tか2Tかのところだろうか?
冒頭の3TのDGとルッツのeが響いて、点数は伸びない。でも、最初のミスを引きずらなかったのは良かった!

技術点 : 58.00
演技構成点 : 50.51
減点 : -1.00
FS合計 : 117.51
トータル : 181.78
暫定 : 2位
FS : 5位
最終 : 3位

四大陸選手権・女子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子FS 感想

四大陸選手権2016 エキシビジョン

曲 : Let’s Get Loud by ジェニファー・ロペス

真っ赤な衣装で登場。
ジェニファー・ロペスのノリノリのナンバー。
とても華やかでした!
笑顔が眩しいです(≧∇≦)

[ai] 四大陸選手権2016 エキシビジョン 感想

四大陸選手権2016 総括

SPはまずまずのスタート。

FSでは、勝負の3-3で回転が開いてしまうミスはありましたが、その後の演技でそれを引きずらなかったのが良かったですね^o^

本人はいつも「緊張している」と話しますが、本郷選手はとても肝の据わった選手だと思います。

ミスはあっても、激しく崩れてしまうことはないので、安定感のある選手であると言えると思います。

納得のいく出来ではなかったかとは思いますが、結果は3位の銅メダル。

おめでとうございます!

次の世界選手権も、頑張ってほしいです!

※2016年2月26日更新、ここまで。

データが出揃い次第、追記していきます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする