[ai] 2015-2016シーズン 村上佳菜子 (日本) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン 村上佳菜子 (日本) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、村上佳菜子選手の主要出場大会個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」

グランプリ スケートカナダ SP

曲 : 映画「ムーラン・ルージュ」より「ロクサーヌのタンゴ」

冒頭、ステップからの3Fは高さ、飛距離ともにあり、綺麗に決まる!
曲が盛り上がった時に見せた3T-3Tは綺麗なジャンプで見応えあり!
が、最後のアクセルはシングルに。。。
他は全て良かっただけに、もったいない。

技術点 29.56 演技構成点 30.23 合計 59.79
暫定2位 SP3位

スケートカナダ2015 女子SP 詳細 | スポーツナビ
スケートカナダ2015 女子SP 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子SP 感想

グランプリ スケートカナダ FS

曲 : 映画「SAYURI」より

冒頭のジャンプは3F-2T。第一ジャンプの3Fは高さがあった。
続くコンビネーションは1A-3Tに。
3Loは両足着氷で回転不足。

後半。
3T-2T-2Loは無事成功。
3Fは高さはあったが両足着氷。回転不足の判定。
3Sは高さ、流れともにあり、良かった!
最後の2Aもとても綺麗!

昨季よりジャンプに高さが出て、良くなっているように感じる。
あとは、パンクが何とかなれば。。。
着氷が乱れたジャンプ以外は回転不足を取られていないのは、進化では?
プログラムは、正直あまりイメージではない(^_^;)

技術点 52.09 演技構成点 59.71
FS 111.80 合計 171.59
暫定2位 FS6位 総合4位

スケートカナダ2015 女子FS 詳細 | スポーツナビ
スケートカナダ2015 女子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートカナダ 女子FS 感想

グランプリ スケートカナダ 総括

SPの「ロクサーヌのタンゴ」は、とても雰囲気に合った選曲だと思います!
FSの「Sayuri」は、個人的には、あまりイメージではありません(^_^;)
今季はアクセルに苦戦しているようですね。。。

でも、ジャンプの質は以前よりも良くなっているように感じます!

※2015年11月9日更新、ここまで。


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 59.79
コーチ : 山田満知子、樋口美穂子
SP楽曲 : ロクサーヌのタンゴ
振付 : 樋口美穂子
主なタイトル : 全日本選手権6位、GPシリーズ スケートカナダ4位
(引用元はフジテレビ中継より)

緊張した面持ちで登場。
冒頭の3Fはとても高さがあった。
3T-3Tのコンビネーションもバッチリ決まる。
最後の2Aは、意地で着氷した印象。
気迫と意気込みを感じた。

高い点数に盛り上がるが、状況を理解するのに時間がかかる(笑)

技術点 : 36.51
演技構成点 : 32.00
合計 : 68.51
暫定 : 2位
SP : 2位

四大陸選手権・女子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 2位、68.51
シーズンベスト : 111.80
コーチ : 山田満知子、樋口美穂子
FS楽曲 : 映画「SAYURI」より
振付 : 樋口美穂子
主なタイトル : 全米選手権6位、GPシリーズ スケートカナダ4位
(フジテレビ中継より引用)

青と水色のコントラストが綺麗な衣装で登場。
緊張した面持ち。
冒頭の3Loは手をつき、UR。
2A-3Tは、3Tに高さがあったものの、これがUR。
続く3Fは堪えるような着氷。
後半。
3Loは1Loに。
3F-1T-2Tは、3FがUR。
3Sは綺麗に決まった。
最後の3S-2Tは流れ良く、綺麗に決まった!
演技後は、納得のいく表情ではないものの、やりきったというような笑顔を見せた。
ループが抜けたのと、回転不足が相当得点に響いた模様。。。

技術点 : 47.42
演技構成点 : 59.19
FS合計 : 106.61
トータル : 175.12
暫定 : 4位
FS : 13位
最終 : 7位

四大陸選手権・女子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子FS 感想

四大陸選手権2016 総括

SPはすごく良かったのですが、フリーで悪いところが出てしまいましたねm(_ _)m

ジャンプがシングルになってしまうのと、要所要所でのジャンプで回転不足になってしまうのは、かなり点数に響いてしまいます。。。

3-3が入らなくて、回転不足も多くて、シングルになったジャンプもあれば、あの点数も仕方ないかも。。。

佳菜子ちゃんは、いい時と悪い時のムラが大きい選手ですね。。。

本人は「メンタルを強化したい」と話しておられるようですが、、、
そのためには、パンクと回転不足の克服が不可欠なんじゃないかなと思えてしまいます。

また次のシーズン、頑張ってほしいです!

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする