[ai] 2015-2016シーズン 無良崇人 (日本) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン 無良崇人 (日本) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、無良崇人選手の個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」


グランプリ スケートアメリカ SP

昨季はカナダ大会で初優勝した無良崇人選手。

でもそれ以降、イマイチ冴えない試合が続きますm(._.)m

冒頭の4T(4回転トーループ)-3T(トリプルトーループ)はコンビネーションにならず、両足着氷。その上ダウングレード(1/2回転不足)でした。

結果、バッチリ決まれば15点近く点数を稼げるところで、わずか2.2点しか得られず。。。

冒頭に持ってくるはずのコンビネーションの3Tを、最後の3Lz(トリプルルッツ)のあとにつけてリカバリーはしたものの、この3Tもアンダーローテーション(1/4回転不足)。

回転不足による減点は、回転が足りていて転倒するよりダメージが大きいので、2本もその判定を受けてしまったことは、大きく点数に響いてしまいました>_<

マイナス評価でこそなかったものの、得意の3Aもやや着氷後詰まってしまい、低い加点。

何となく、長いトンネルに迷い込んでしまった印象を受けます。

はやく脱出してほしいです>_<

SP終了時点での結果は10位。

スケートアメリカ2015 男子SP | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 男子SP 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 男子SP 感想

グランプリ スケートアメリカ FS

曲 : シルク・ドゥ・ソレイユ「O(オー)」より

曲、衣装、振付ともに素敵!振付はジェフリー・バトルとのこと。
ただ、4回転は二本とも堪えるような着氷。1本目は手をつき、2本目は何とかコンビネーションをつける。その他のジャンプでは抜けるミスも多い。

FS129.17 総合200.83 暫定2位 最終10位

スケートアメリカ・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
スケートアメリカ2015 男子FS 採点表
[ai]【グランプリシリーズ2015】スケートアメリカ 男子FS 感想

※2015年11月4日更新、ここまで。


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 88.29
コーチ : 無良隆志
SP楽曲 : 黒い瞳
振付 : チャーリー・ホワイト
主なタイトル : 全米選手権3位、2014年四大陸選手権優勝
(フジテレビ中継より引用)

冒頭の4Tは綺麗に決まるが、元々がコンビネーションの予定だったためか、GOEは低め。
続く3Aは綺麗に決まり、曲とともにお客さんも盛り上がる。
後半。
最後の3Lz-3Tは、堪え気味の着氷で3TがUR。
スピンはレベルの取りこぼしこそないものの、加点が全体に低く、マイナス評価のものも。。。

技術点 : 46.94
演技構成点 : 42.14
合計 : 89.08
暫定 : 3位
SP : 4位

四大陸選手権・男子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 4位、89.08
シーズンベスト : 153.92
コーチ : 無良隆志
FS楽曲 : シルク・ドゥ・ソレイユ「0(オー)」より
振付 : ジェフリー・バトル
主なタイトル : 全米選手権3位、2014年四大陸選手権優勝
(フジテレビ中継より引用)

冒頭の4Tは高さがあり、綺麗に決まって高評価。
続く4T-2Tも綺麗に決まる。次の動きへの流れもいい。
3Aは、高さはあったものの着氷が乱れる。
3Sは流れるように決まった。
ステップシークエンスの途中で躓く場面はあったが、レベル4を獲得。評価も辛うじてプラス。
後半。
3A-3Tは綺麗に決まり、高評価。
3Loも無事成功。
3F-1Lo-2Sの3連続も無事成功。
ここから曲が盛り上がる。
最後の3Lzも流れるように決まった。
演技後はスタンディングオベーションだったが、アクセルのミスが納得いかないのか、首を振っていた。
トータルでシーズンベストを更新!
キス&クライでは笑顔を見せた。

ジャンプだけでなく、繋ぎの動きやステップ、スピンも退屈する場面がなかった!
表現に磨きがかかっているように思う。

技術点 : 93.39
演技構成点 : 85.96
FS合計 : 179.35
トータル : 268.43
暫定 : 3位
FS : 4位
最終 : 5位

四大陸選手権・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子FS 感想

四大陸選手権2016 総括

SP、FSとも、小さなミスはあったものの、全体としてはとても良かったのではないでしょうか?

ここ最近になって、ようやく長いトンネルから抜け出せているようで、何よりです^ ^

無良君は、潜在能力は高い選手だと思うのですが、ちょっと気が弱そうで、なんかいつも、安心して見ていられないんですよね>_<

3Aが得意で、とてもいいジャンプを跳ぶ選手なのですが、調子が悪い時は、これがシングルになってしまうこともしばしばm(_ _)m

でも、今回の四大陸選手権では、そんなことにならなくて良かったです!

ジャンプ以外の要素が課題と思われていましたが、本大会では、それもだいぶ克服しつつあるように思えました。

特にFSでは、ジャンプ以外の部分で退屈する場面がなかったので、あぁ、成長したなぁ、と思いました!(上からですみません>_<)

また次のシーズンも、頑張ってほしいです!

※2016年3月1日更新、ここまで。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする