[ai] 2015-2016シーズン 金博洋 (中国) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン 金博洋 (中国) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、金博洋選手の主要出場大会個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」


四大陸選手権2016 SP

金博洋=日本語読み : キン・ハクヨウ、英語読み : ボーヤン・ジン

シーズンベスト : 95.64
コーチ : シュウ・ツァオシャオ
SP楽曲 : タンゴ・アモーレ
振付 : ジャスティン・ディロン
主なタイトル : GPシリーズNHK杯2位、2015年世界ジュニア選手権銀メダル
(フジテレビ中継より引用)

冒頭の4Lz-3Tは壁にぶつかるギリギリまでの距離。
続く3Aも余裕があり、流れもある。
後半。
最後の4Tも綺麗に決まる。
難度の高いジャンプを次々決め、お客さん大盛り上がり!
「スケーティングやスピンも成長が見られる」と本田武史さん。
シーズンベストを更新!
点数が発表された瞬間、お客さんも大盛り上がり!

技術点 : 58.41
演技構成点 : 40.04
合計 : 98.45
暫定 : 1位
SP : 1位

四大陸選手権・男子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 1位、98.45
シーズンベスト : 173.11
コーチ : シュウ・ツァオシャオ
FS楽曲 : 映画「ヒックとドラゴン2」より
振付 : ジャスティン・ディロン
主なタイトル : GPシリーズNHK杯2位
(フジテレビ中継より引用)

冒頭、注目の4Lzは高さがあり、綺麗に決まって高評価。
続く4Sも綺麗に決まって高評価。
3A-1Lo-3Sの3連続は、3Sで着氷が乱れる。
後半。
4T-2Tは着氷がやや詰まるも、評価は辛うじてプラス。
単独の4Tは綺麗に決まった!
3Lz-3Tも無事成功。
3Aも成功。
最後の3Fも成功。
演技後はガッツポーズ!お客さんもスタンディングオベーション!
初めて4本の4回転を決めた!
点数が発表された瞬間、歓声がわく。
コーチも本人も笑顔。
シーズンベストを更新!

コレオやステップ、スケーティングの面ではまだ荒削りな部分は感じるものの、ジャンプに関しては本当に天才的だと思う。

技術点 : 110.66
演技構成点 : 80.72
FS合計 : 191.38
トータル : 289.83
暫定 : 1位
FS : 2位
最終 : 2位

四大陸選手権・男子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 男子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 男子FS 感想

四大陸選手権2016 総括

初めてFSで4本の4回転が決まりましたね!

その歴史的瞬間に立ち会えたことを、とても嬉しく思います。

そのままぶっちぎりで優勝するかと思ったのですが…… 勝負の世界は、何が起こるか分かりません。

1位のパトリック・チャン選手とは僅差でした。

ジャンプの基礎点だけなら、言うまでもなく、ボーヤン選手の方が高いです。

でも逆転されてしまったのは、スケーティングスキルだとか、技の完成度の差なんですよねぇ。。。

ただ難度の高いジャンプを跳べばいいというわけではないのが、フィギュアスケートの面白いところですね。

(難度の高いジャンプに挑めばいいだけだったら、ただの算術勝負になっちゃいますからね(^_^;))

実際見ていて、スケーティングスキルに関しては、パトリック・チャン選手とはかなりの差があるように感じます。

ジャンプ以外の要素は伴ってくれば、より強い選手に成長するのは、まちがいないです。

※2016年3月1日更新、ここまで。

データが出揃い次第、追記していきます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする