[ai] 2015-2016シーズン 長洲未来 (アメリカ) 主要出場大会感想 | フィギュアスケート文字動画

[ai] 2015-2016シーズン 長洲未来 (アメリカ) 主要出場大会感想

こんにちは^ ^

ペパーミントあいです。

個人的に興味があったので、2015-2016シーズン、長洲未来選手の主要出場大会個別まとめを作成いたしました。

ほぼ過去ブログのコピー&ペーストに加筆修正を加えたものではありますが、選手別に順を追って見ることで、新たな発見があるかもしれません。

何らかの形でお役に立てれば幸いでございます^ ^

スポンサーリンク




略称表記について

※ジャンプは略称にて表記させていただきます。

難易度が高い順に

  • A(アクセル)
  • Lz(ルッツ)
  • F(フリップ)
  • Lo(ループ)
  • S(サルコウ)
  • T(トーループ)

となり、各ジャンプ名の頭につく数字は回転数です。

ジャンプについて、詳しくは下記記事をご参照いただければと思います。
☆♪感動!初めて……初めて、フリップとルッツの区別が出来た!おすすめフィギュア記事のご紹介♪☆ » ペパーミントダイアリー2

※回転不足は以下の略称表記とさせていただきます。

・UR=アンダーローテーション=1/4回転不足。基礎点は7割。
・DG=ダウングレード=1/2回転不足。基礎点は1回転少ないジャンプの基礎点。

※エッジエラーは「e」にて表記させていただきます。

・ルッツ : 踏切がアウトエッジでなければならない。インサイドエッジだとe。
・フリップ : 踏切がインサイドエッジでなければならない。アウトエッジだとe。
※不明確(フラット)な場合は、いずれも「!」


四大陸選手権2016 SP

シーズンベスト : 61.10
コーチ : トム・ザカライセック
SP楽曲 : Demons
振付 : カタリナ・リンデン
主なタイトル : 全米選手権4位、GPシリーズ NHK杯5位
(引用元はフジテレビ中継より)

3F-3Tは綺麗に決まる。
次の3Loはややこらえるような着氷。
最後の2Aは綺麗だった。
いい演技!

技術点 : 35.05
演技構成点 : 31.01
合計 : 66.06
暫定 : 3位
SP : 3位

四大陸選手権・女子SP | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子SP 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子SP 感想

四大陸選手権2016 FS

SP : 3位、66.06
シーズンベスト : 114.54
コーチ : トム・ザカライセック
FS楽曲 : 映画「華麗なるギャツビー」より
振付 : カタリナ・リンデン
主なタイトル : 全米選手権4位
(フジテレビ中継より引用)

ベージュの衣装で登場。
冠が可愛い。
冒頭の3F-3Tは綺麗に決まる。
続く3Lzは、素人目には綺麗もe。
3Sは流れ良く決まった。
コレオシークエンスでは美しいスパイラルに拍手が起こる。
後半。
2A-3T-2Tは綺麗に決まり、拍手が起こる。
3Loは、次の動きへの流れがスムーズ。
3Lo-2Tのコンビネーションも綺麗に決まる。
最後の2Aも綺麗に決まり、盛り上がった!
ラスト、曲の盛り上がりとともに見せたステップシークエンス→レイバックスピンも、盛り上がった!
とてもいい演技がだったが、演技後は「もう少し出来たのにな」というような表情だった。
弾けるような笑顔を見せなかったことが、アナウンサーも荒川さんも意外な様子。
シーズンベストを更新し、本人よりもコーチの方が嬉しそう(笑)

技術点 : 66.01
演技構成点 : 61.79
FS合計 : 127.80
トータル : 193.86
暫定 : 1位
FS : 2位
最終 : 2位

四大陸選手権・女子FS | フィギュアスケート | 実況 | スポーツナビ
四大陸選手権2016 女子FS 採点表
[ai] 四大陸選手権2016 女子FS 感想

四大陸選手権2016 総括

怪我などの影響もあり、将来を期待されながらも伸び悩んでいる印象のあった長洲未来選手。

この四大陸選手権では、久々に世界の舞台で存在感を示すことが出来たのではないでしょうか?

SP、FS、どちらも素晴らしかったです!

※2016年2月28日更新、ここまで。

データが出揃い次第、追記していきます。

以上、ペパーミントあいがお届けいたしました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする